コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバシリ キバシリ

3件 の用語解説(キバシリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キバシリ
キバシリ

(1) Certhia familiaris; Eurasian treecreeper スズメ目キバシリ科。全長 13cm。胸から腹が白く,ほかの部位は淡い灰褐色。昆虫食で,食物をとりながら樹幹を螺旋状に巻いてゆっくり登り,あるところまでくると下方に飛び移って,また同じように登りながら獲物をとる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キバシリ

キバシリ科の鳥。翼長約6cm。上面は褐色地に白斑が並び,下面は白色。ユーラシア大陸および北米大陸に分布。日本では留鳥として北海道,本州,四国の山地の針葉樹林などにすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キバシリ
きばしり / 木走
tree creeper

広義には鳥綱スズメ目キバシリ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。種としてのキバシリCerthia familiarisは全長14センチメートルの小形の鳥。明るい褐色で腹面は白く、背面には小白斑(はくはん)がある。嘴(くちばし)は細く鋭くとがり、いくらか下方へ湾曲している。尾羽の先はとがり、羽軸はとくに硬い。足の指が比較的大きく、つめがよく発達している。ユーラシアと北アメリカに広く分布し、針葉樹林、落葉広葉樹林にすむ。日本では四国以北の各地に留鳥としているが、冬は若干山麓(さんろく)へ移動するものもある。樹木の幹や大枝の下方に止まり、硬い尾羽を支えとして上方へよじ登り、樹皮の割れ目や地衣類、コケ類のすきまにいる虫を探す。1羽かつがいで生活しており、冬はよく他種との混群に入っている。繁殖期になると強い縄張り性を示し、樹洞や割れ目、キツツキの古巣などに巣をつくる。キバシリ科Certhiidaeはユーラシアと北アメリカに分布し6種が知られていて、どれもよく似た形をしている。近縁のホシキバシリSalpornis spilonotusはアフリカ、インドにおり別科にしたほうがよいとされる。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キバシリの関連キーワードクオート月一ファミリアNo.11坪

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キバシリの関連情報