キュリー=ワイスの法則(読み)キュリー=ワイスのほうそく(英語表記)Curie-Weiss law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュリー=ワイスの法則
キュリー=ワイスのほうそく
Curie-Weiss law

常磁性状態での強磁性体の磁化率 χm が絶対温度 T の関数として χmC/(T-Θ) で表わされるという法則。この法則はキュリー温度のごく近傍以外ではよく成立する。 C はキュリー定数と呼ばれる物質定数,Θ は常磁性キュリー温度と呼ばれキュリー温度と数度違うだけである。反強磁性体でも同形の法則が成り立つが,Θ が負となる。強誘電体でも,キュリー温度よりも高い温度では誘電率と温度との関係が前述の形で書ける。 P.ワイスは分子場の概念を導入し,古典統計力学を用いてこの法則を導いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キュリーワイスのほうそく【キュリー=ワイスの法則 Curie‐Weiss’ law】

強磁性体および反強磁性体の常磁性への相転移温度(前者ではキュリー温度,後者ではネール温度という)以上の温度における,磁化率と絶対温度との関係を与える法則。フランスのワイスPierre Weiss(1865‐1940)によって確立されたもので,彼はキュリーの法則を一般化して,磁化率χが絶対温度Tの関数として,χ=C/(T-Θ)のように表されるとした。Cはキュリーの法則に表れたものと同じでキュリー定数,Θはワイス温度または常磁性キュリー温度と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android