コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュリー=ワイスの法則 キュリー=ワイスのほうそく Curie-Weiss law

2件 の用語解説(キュリー=ワイスの法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュリー=ワイスの法則
キュリー=ワイスのほうそく
Curie-Weiss law

常磁性状態での強磁性体の磁化率 χm が絶対温度 T の関数として χmC/(T-Θ) で表わされるという法則。この法則はキュリー温度のごく近傍以外ではよく成立する。 Cキュリー定数呼ばれる物質定数,Θ は常磁性キュリー温度と呼ばれキュリー温度と数度違うだけである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キュリーワイスのほうそく【キュリー=ワイスの法則 Curie‐Weiss’ law】

強磁性体および反強磁性体の常磁性への相転移温度(前者ではキュリー温度,後者ではネール温度という)以上の温度における,磁化率と絶対温度との関係を与える法則。フランスワイスPierre Weiss(1865‐1940)によって確立されたもので,彼はキュリーの法則を一般化して,磁化率χが絶対温度Tの関数として,χ=C/(T-Θ)のように表されるとした。Cキュリーの法則に表れたものと同じでキュリー定数,Θはワイス温度または常磁性キュリー温度と呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キュリー=ワイスの法則の関連キーワード磁性体キュリー点磁化常磁性反強磁性常磁性体弱磁性非磁性体キュリー‐ワイスの法則ズール‐中村相互作用磁性体強磁性体磁化率磁気化学常磁性反強磁性常磁性体磁気飽和非磁性体キュリーの法則(磁性)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone