コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギガンテス ギガンテス Gigantes

7件 の用語解説(ギガンテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギガンテス
ギガンテス
Gigantes

ギリシア神話の巨人族。クロノスウラノスを去勢したとき,傷口から流れ出た血によって妊娠した大地女神ガイアが,ティタンたちをタルタロスに閉じ込めたゼウスオリュンポスの神々を罰するため,その敵として生み出したとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ギガンテス(Gigantes)

ギリシャ神話で、大地の女神ガイアから生まれた巨人族。オリンポスの神々と戦って敗れた。
[補説]単数形はギガスGigas)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ギガンテス

ギリシア神話の巨人族。単数形ギガスGigas(英語ではジャイアントGiant)。ウラノスが地上に倒れたとき流れた血とガイアから生まれたという。ゼウスを筆頭とするオリンポス神族と戦って敗れた。
→関連項目巨人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ギガンテス

ロールプレイングゲーム、「ドラゴンクエスト」シリーズに登場するモンスター。初登場は「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ギガンテス【Gigantes】

ギリシア神話の巨人族。英語のgiantの語源で単数形はギガスGigas。天空神ウラノスがその子クロノスに陽物を切り落とされたとき,滴り落ちた血で大地ガイアがみごもって生まれた。彼らは岩や木の株を武器にしてゼウスの率いるオリュンポス神に戦いを挑んだが,ヘラクレスを味方につけた神々に滅ぼされ,各地の火山の下に埋められたという。ギガントマキアGigantomachiaと呼ばれるこの戦いは群像彫刻のかっこうの主題となり,デルフォイの〈シフノス人の宝庫〉のフリーズ(前6世紀)や,小アジアペルガモンの大祭壇(ヘレニズム期)にみごとな浮彫を残している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ギガンテス【Gigantes】

ギリシャ神話の巨人族。天空神ウラノスがその子クロノスに陽根を切断された時、流れた血が大地に滴したたって生まれた。オリンポスの神々と戦い敗れて滅びた。英語形。ジャイアント。 〔単数形はギガス(Gigās)〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギガンテス
ぎがんてす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のギガンテスの言及

【巨人】より

…(2)新秩序の形成に抵抗する荒ぶる古神としての巨人伝説。古代ギリシア神話のギガンテスティタン,グアテマラのキチェー族原住民のポポル・ブフ神話のカブラカンCabracánやシパクナーXipacnáなどがこれに当たる。(3)15世紀までのヨーロッパ人が遠いアジア地方の住民について抱いたイメージのような,未知の異民族に関する異形神話。…

【ヘレニズム美術】より


[彫刻]
 ペルガモンの〈ゼウスの大祭壇〉(ペルガモン美術館)は,コの字形の基部の周囲を高さ2.3m,長さ約120mをもってめぐる浮彫フリーズで飾られていた。巨人族(ギガンテス)を倒すオリュンポスの神々を描く,ほとんど丸彫に近い浮彫像の躍動感あふれる力強い形態は,まさにヘレニズム彫刻の真髄を示している。この祭壇浮彫に匹敵する単独像としては,サモトラケに出土した勝利の女神像,いわゆる《サモトラケのニケ》(ルーブル美術館)をあげることができる。…

※「ギガンテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギガンテスの関連キーワードエイレイテュイアディアナティタンヒュギエイアボレアスギリシャ神話聖婚《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギガンテスの関連情報