コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギガンテス Gigantes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギガンテス
Gigantes

ギリシア神話の巨人族。クロノスウラノスを去勢したとき,傷口から流れ出た血によって妊娠した大地女神ガイアが,ティタンたちをタルタロスに閉じ込めたゼウスオリュンポスの神々を罰するため,その敵として生み出したとされる。生れるとすぐ火のついた大木や巨岩を武器として神々に挑戦したが,彼らを倒すために人間の協力が必要なことを知った神々は,ヘラクレスの助けをかり,大激戦の末についにこの強敵を皆殺しにしたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ギガンテス

ギリシア神話の巨人族。単数形ギガスGigas(英語ではジャイアントGiant)。ウラノスが地上に倒れたとき流れた血とガイアから生まれたという。ゼウスを筆頭とするオリンポス神族と戦って敗れた。
→関連項目巨人

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ギガンテス

ロールプレイングゲーム、「ドラゴンクエスト」シリーズに登場するモンスター。初登場は「ドラゴンクエストII 悪霊の神々」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギガンテス【Gigantes】

ギリシア神話の巨人族。英語のgiantの語源で単数形はギガスGigas。天空神ウラノスがその子クロノスに陽物を切り落とされたとき,滴り落ちた血で大地ガイアがみごもって生まれた。彼らは岩や木の株を武器にしてゼウスの率いるオリュンポス神に戦いを挑んだが,ヘラクレスを味方につけた神々に滅ぼされ,各地の火山の下に埋められたという。ギガントマキアGigantomachiaと呼ばれるこの戦いは群像彫刻のかっこうの主題となり,デルフォイの〈シフノス人の宝庫〉のフリーズ(前6世紀)や,小アジアのペルガモンの大祭壇(ヘレニズム期)にみごとな浮彫を残している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ギガンテス【Gigantes】

ギリシャ神話の巨人族。天空神ウラノスがその子クロノスに陽根を切断された時、流れた血が大地に滴したたって生まれた。オリンポスの神々と戦い敗れて滅びた。英語形。ジャイアント。 〔単数形はギガス(Gigās)〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギガンテス
ぎがんてす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のギガンテスの言及

【巨人】より

…(2)新秩序の形成に抵抗する荒ぶる古神としての巨人伝説。古代ギリシア神話のギガンテスティタン,グアテマラのキチェー族原住民のポポル・ブフ神話のカブラカンCabracánやシパクナーXipacnáなどがこれに当たる。(3)15世紀までのヨーロッパ人が遠いアジア地方の住民について抱いたイメージのような,未知の異民族に関する異形神話。…

【ヘレニズム美術】より


[彫刻]
 ペルガモンの〈ゼウスの大祭壇〉(ペルガモン美術館)は,コの字形の基部の周囲を高さ2.3m,長さ約120mをもってめぐる浮彫フリーズで飾られていた。巨人族(ギガンテス)を倒すオリュンポスの神々を描く,ほとんど丸彫に近い浮彫像の躍動感あふれる力強い形態は,まさにヘレニズム彫刻の真髄を示している。この祭壇浮彫に匹敵する単独像としては,サモトラケに出土した勝利の女神像,いわゆる《サモトラケのニケ》(ルーブル美術館)をあげることができる。…

※「ギガンテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ギガンテスの関連キーワードヘラクレス(ギリシア神話の英雄)ギリシア神話テュフォン聖域の殺戮巨人説話

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android