コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンズブルグ

6件 の用語解説(ギンズブルグの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ギンズブルグ

イタリアのユダヤ系歴史家。ボローニャおよびカリフォルニア大学教授。トリノ生れ。母ナタリアは著名な作家,父レオーネ反ファシズム運動の闘士。アナール学派ワールブルク学派フランス構造主義などの影響の下に形成された〈ミクロ・ストリア〉の視点から意欲作を発表,人類学的歴史学の新潮流を代表する学者の一人として声価が高い。

ギンズブルグ

イタリアの女性作家。ロシア系の政治記者・活動家レオーネ・ギンズブルグと結婚。反ファシズムのため一家は抑留刑を受けた(1940年―1943年)。夫の死後,英文学者ガブリエーレ・バルディーニと再婚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ギンズブルグ【Natalia Ginzburg】

1916‐91
イタリア女流作家。著名なロシア文学者であった夫のレオーネとともに,ユダヤ系として,また体制批判者として,ファシズム時代に迫害を受け,夫は拷問により獄死した。代表作に,ビアレッジョ賞受賞の長編小説《バレンティノ》(1957),ストレーガ賞受賞の長編小説《家族の語彙》(1963),随筆集《小さな真実》(1962),戯曲《海の国》(1972)などがある。主として家庭の日常に焦点を当てながら,そこに生みだされてくる葛藤や悲劇を,抑制のきいた明晰な文体のうちに描きだしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ギンズブルグ【Carlo Ginzburg】

1939~ ) イタリアの歴史学者。中世末から近世の裁判記録を検証し、異端とされた思想や儀礼の中に民衆の生活文化や心性が表出されることを示した。著「チーズとうじ虫」「ベナンダンティ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンズブルグ
ギンズブルグ

ジンツブルグ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギンズブルグ
ぎんずぶるぐ
Евгения Семёновна Гинзбург Evgeniya Semyonovna Ginzburg
(1906―1977)

ソ連の作家。作家アクショーノフの母。スターリン時代の粛清の嵐(あらし)のなかで1937年に逮捕され、「反革命テロリスト集団」に加わったという無実の罪のため、以後18年間を強制収容所(ラーゲリ)で送った。その体験をつづった『明るい夜暗い昼』(原題は『けわしい行路』)はソ連国内で公式に出版することができなかったが、地下出版(サミズダート)の形で広く読まれ、また国外では単行本として出版された(第1巻1967年、第2巻1979年、ともにイタリア、ミラノ)。「無邪気に共産主義を信じきっていた理想主義者」が過酷な試練のなかで精神的に成長する過程を描いたこの記録は、歴史の恥部を告発するにとどまらず、繊細な感覚に支えられた優れた文学作品にもなっている。[沼野充義]
『中田甫訳『明るい夜暗い昼』『続・明るい夜暗い昼』(1972、81・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のギンズブルグの言及

【ピエモンテ[州]】より

… 1933年に創設されたエイナウディ社は,反ファシズム思想の砦になるとともに,第2次大戦中から戦後にかけて,トリノを新しい文化の中心地とするのに主導的役割を果たした。サント・ステーファノ・ベルボ生れのC.パベーゼ(反ファシズム活動の理由によって1935‐36年は南イタリアに流刑),トリノ生れの画家・医者で《キリストはエボリに止まりぬ》(1945)を著したレービ(1935‐36年は南イタリアに流刑),獄死したロシア文学者ギンズブルグLeone Ginzburg(1909‐44),その妻ナターリア・ギンズブルグ,またレジスタンスに参加した最後の世代I.カルビーノは,エイナウディ社の編集活動に直接加わった。この結果,戦後エイナウディ社から,B.フェノリオ,G.アルピーノ,P.レービら,多彩な人材が世に送り出された。…

※「ギンズブルグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギンズブルグの関連キーワードイタリア文学ソビエト文学プロレタリア文学ロシア文学木村浩女流作家露文ロシアの恋人押川典昭《イタリア文学史》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギンズブルグの関連情報