コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クェーサー くぇーさーQuasar

翻訳|Quasar

知恵蔵の解説

クェーサー

活動銀河核の中で、放射光度が太陽光度の1兆倍(典型的な銀河100個分の光度に相当)を超えるもの。名前の由来は「星状に見える電波天体(quasi‐stellar radio source)」の略称。必ずしも電波が強いとは限らず、電波強度が相対的に強いクェーサーは全体の数%に過ぎない。クェーサーは近傍には少なく、赤方偏移2の辺りでの観測例が最も多い。現在知られている最遠のクェーサーはSDSSで2001年に発表された。赤方偏移は6を超える。クェーサーは絶対光度が明るいため、遠方の宇宙の様子を調べるのに適している。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

クェーサーの関連キーワードE.マーガレット バービッジジョフリー バービッジ重力レンズ現象クエーサー活動銀河

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android