クッチャロ湖(読み)クッチャロこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クッチャロ湖
クッチャロこ

北海道北東部,猿払原野(さるふつげんや)から頓別平野にわたって点在する湖沼群の一つ。別称頓別沼(とんべつぬま)。宗谷岬の南東に位置し,浜頓別町に含まれる。面積 13.3km2。周囲 30km。最大水深 2.5mの汽水湖。海岸に平行する 2条の砂丘と背後の海岸段丘との間に形成され,鉤形をなし,大沼小沼からなる。ウグイ,ボラ,シジミなどが生息し,ハクチョウの渡来地としても有名。付近は北オホーツク道立自然公園に属し,自然が保存されている。1989年ラムサール条約に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クッチャロ湖

浜頓別町の北西側に広がる湖(約16平方キロ)で、南側に大沼(長径5・5キロ)、北側に小沼(同3キロ)とポン沼があり、平均水深は1・5メートル。大沼は満潮時にオホーツク海から海水が流れ込む。周辺はヨシなどの湿原で、春秋には数千羽のコハクチョウや数万羽のカモ類が飛来する。1968年に北オホーツク道立自然公園、83年に国指定鳥獣保護区、89年にはラムサール条約登録湿地となった。

(2014-02-03 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

クッチャロ‐こ【クッチャロ湖】

北海道北部、枝幸(えさし)郡浜頓別町にある潟(せき)湖。猿払平野から頓別平野にかけてある湖沼のうち最大のもので、面積13.3平方キロメートル。ハクチョウやカモ類が多く飛来する。平成元年(1989)ラムサール条約に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

クッチャロ湖【クッチャロこ】

北海道浜頓別町にある潟湖。オホーツク海に面した頓別平野の南部に位置し,水域は大きく2ヵ所に分かれ,北は小沼,南は大沼と称する。両方を合わせた面積は13.40km2で,厳冬期には全面結氷する。淡水湖だが,満潮の際にはオホーツク海とを繋ぐクッチャロ川から海水が流入する。渡り鳥の中継地として知られ,特に日本での越冬を目的にシベリアから渡ってくるコハクチョウの日本最北端の中継地となっている。1989年7月にラムサール条約登録湿地となる。
→関連項目浜頓別[町]ラムサール条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕クッチャロ湖(クッチャロこ)


北海道北部、頓別(とんべつ)平野南東部の湿地帯にある海跡湖。面積13.3km2。大(おお)沼・小()沼の2湖からなる。頓別川支流のクッチャロ川でオホーツク海とつながる汽水湖。野鳥の種類が多く、とくにシベリアから飛来するハクチョウの日本最北の中継地として有名。ラムサール条約登録湿地の一つ。東方に大小100種以上の植物が生育するベニヤ原生花園がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クッチャロ湖
くっちゃろこ

北海道北部、宗谷(そうや)総合振興局管内の浜頓別町(はまとんべつちょう)にある湖沼。頓別沼ともいう。周囲約27キロメートル、面積13.3平方キロメートル。南から延びる半島によって南部の大沼と北部の小沼に分かれ、両部分は狭い水道で結ばれる。水深は大部分が2メートル以内、褐色を帯びた汽水をたたえ、大沼からクッチャロ川、さらに頓別川の河口を経てオホーツク海に通じているが、満潮時には塩水が湖内に逆流する。北オホーツク道立自然公園の一部で、周辺には未開発の湿原が残されている。道内有数の野鳥生息地で、渡り鳥観測ステーションが設けられている。1989年(平成1)日本で3番目にラムサール条約登録湿地となった。クッチャロは「のどもと」を意味するアイヌ語に由来し、湖沼の水の出口をさす。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域遺産の解説

クッチャロ湖

(北海道枝幸郡浜頓別町)
ラムサール条約湿地」指定の地域遺産。
大規模ガンカモ渡来地。国指定浜頓別クッチャロ湖、鳥獣保護区浜頓別クッチャロ湖特別保護地区

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

世界大百科事典内のクッチャロ湖の言及

【浜頓別[町]】より

…海岸部ではサケ・マス,ケガニ,ホタテガイなど,オホーツクの豊富な水産資源を利用する漁業が営まれ,内陸部では大規模な土地改良による酪農が盛ん。ハクチョウの飛来で知られるクッチャロ湖,6~7月にはハマナス,ヒオウギアヤメなどが美しいベニヤ原生花園,神威(かむい)岬などの景勝地があり,北オホーツク道立自然公園に含まれる。またクッチャロ湖畔には先住民族の竪穴住居跡群と縄文時代の日ノ出貝塚がある。…

※「クッチャロ湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android