クラッキング(読み)くらっきんぐ

  • cracking

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

悪意を持って社内LANやサーバーなどへ侵入し、Webページを改ざんしたり、システムを破壊したり、情報を盗み出したりすること。金庫などを破る意味の「cracking」が語源

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

硬いものが折れたり割れたりすること。また、そうしてできた割れ目。
石油精製などで、沸点の高い重質石油を、熱分解あるいは接触分解によって、ガソリンなどの軽質石油にすること。
コンピューターやネットワークシステムに不正にアクセスし、悪意をもってデータを盗み見たり、破壊したりする行為。これを行う者をクラッカーという。
[補説]3を「ハッキング」とよぶこともあるが、ハッキングは本来コンピューターのエンジニアリング全般を指すもので、不正アクセスの意味はない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

システムやネットワークに不正に侵入し、悪意を持ってデータを盗み見たり、プログラムを改ざん・破壊したりする行為。◇これを行うを「クラッカー」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

広義には,有機化合物の炭素‐炭素間の化学結合を解裂し,分子量のより小さい化合物に分解する操作で,触媒を用いて行う接触分解と触媒を用いない熱分解がある。狭義には,とくに石油工業では熱分解の意味で用いられる。接触分解熱分解【編集部】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (cracking) 沸点の高い重質油を分解して、沸点の低い軽質油のガソリンを製造すること。高温で行なうが、触媒を用いない熱分解と、触媒による接触分解とがある。分解法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

石油を熱または触媒の作用により分解して,軽質炭化水素を生成させる反応および操作の総称.クラッキングは分解を主反応とするため,工業的には,単に分解とよばれることが多いが,単純な化学反応の分解(decomposition)とは同義ではなく,実際には,脱水素重合異性化不均化などを伴う複雑な反応が組み合わされたものである.工業的には,ガソリンの製造を目的とする重質油の接触分解水素化分解,粘度の高い重質残油から粘度の低い重油を製造するビスブレーキング,重質残油から石油コークスと分解軽油を製造するコーキング,石油化学工業原料のエテンプロペンなどの製造を目的とするナフサ分解など,きわめて多くの種類がある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクラッキングの言及

【熱分解】より

…化合物を加熱して,より安定ないくつかの化合物へと分解すること。クラッキング,分解蒸留ともいわれる。これは一般的に熱分解反応と呼ばれるが,とくに石油類の熱分解は単一化合物の熱分解反応ではなく,高分子混合物に用いて有用な分解生成物を得る工業的に重要な技術であり,触媒を用いて行われる接触分解と対比される。…

※「クラッキング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラッキングの関連情報