コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラフ クラフClough, Anne Jemima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラフ
Clough, Anne Jemima

[生]1820.1.20. リバプール
[没]1892.2.27. ケンブリッジ
イギリスの女子高等教育の推進者。ケンブリッジのニューナム・カレッジの初代校長。詩人アーサーの弟。女子高等教育運動の支持者として H.シジュウィックらと活躍。北イギリス女子高等教育振興評議会の設立に貢献し,書記 (1867~70) と会長 (73~74) をつとめた。 1871年,ケンブリッジ大学の女子学寮設立の際寮長に推され,その成功と発展に従って 75年ニューナム・ホール,75年ニューナム・カレッジが設立され,その都度初代の長に就任した。

クラフ
Clough, Arthur Hugh

[生]1819.1.1. リバプール
[没]1861.11.13. フィレンツェ
イギリスの詩人。ラグビー校で校長 T.アーノルドの強い影響を受け,その子で後年詩人となったマシューと親交を結んだ。後者の名作『サーシス』はクラフ追悼の詩である。 1852年にはエマソンの招待に応じて,アメリカに渡った。恋愛物語詩『トーバー・ナ・ブオリックの小屋』 The Bothie of Tober-na-Vuolich (1848) や,宗教的懐疑を歌った『苦闘を無益だというな』 Say not,the Struggle Nought Availeth (49) ほかの抒情詩で記憶されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラフ【Arthur Hugh Clough】

1819‐61
イギリスの詩人。オックスフォード大学に学び,のち同大学のフェローとなったが,英国国教会の教義に対する懐疑を捨てきれず,無宗派のロンドン大学に移った。おもな作品は六歩格形式で書いたロマンス《トベル・ナ・ボリッチの小屋》(1848),《アンバルバリア》(1849),主人公をファウストに擬し良心と世間との衝突をうたった《ディプサイカス》(死後出版)など。42歳の若さでフィレンツェに客死し,友人M.アーノルドは挽歌《サーシス》でその死を悼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラフ
くらふ
Arthur Hugh Clough
(1819―1861)

イギリスの詩人。オックスフォード大学研究員のころ神学論争に巻き込まれ、初めニューマンに傾倒したが、のち懐疑主義を標榜(ひょうぼう)し、職を去った。『旅上の恋』(1849)は韻文形式の小説で、近代的技法が駆使されている。『ディサイカス(二つの魂)』(1850)は知識人の意識の矛盾をついて評価を得た。[早乙女忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラフの関連キーワードアイリーン ローゼンフェルド大阪府大阪市平野区長吉六反ゼネラル・フーズ[会社]クイリングカラーペーパー愛媛県伊予市中山町中山宮崎県東諸県郡綾町北俣ウォルストンクラーフト熊本県人吉市赤池原町月夜野クラフトビール中部楽器技術専門学校讃岐五色台キャンプ場kraft tapeドナルド ワンドレイ熊本クラフトビールクロレッツ アイスマイケル シーンエアクッション船鮭川村エコパークVスーパーカラーグローリーグルー

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラフの関連情報