コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレタ文明 クレタぶんめいCretan civilization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレタ文明
クレタぶんめい
Cretan civilization

エーゲ海域の文明のうちクレタ島を中心とするものをさす。ギリシア本土のヘラディック文明に対してミノア文明と呼ぶこともある。大別して前期 (前 30~22世紀) ,中期 (前 21~17世紀) ,後期 (前 16~12世紀) に分けられる。前期には金属器 (おもに銅) の使用が広がり,中期にはさまざまな用途の青銅器が普及し,クノッソス,フェイストス,マリアなどで最初の宮殿が建てられた。壁画も発達し,多彩のカマレス陶器が生産された。また中期末には,絵文字から発達した線状文字Aが使われるようになった。後期は,クレタ文明が最も栄えた時期である。現存するクノッソス宮殿の大部分はこの時期に造られた。前 15世紀前半頃,ギリシア本土の民族がクノッソスを征服し,線状文字Bを残した。この時期に,クレタ文明はギリシア本土,シリア,エジプトを結ぶ海上貿易によって繁栄したが,前 14世紀以降は衰え,前 11世紀初めにドーリス人の侵入によって滅びた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クレタ‐ぶんめい【クレタ文明】

前20世紀ごろから前14世紀ごろまで、クレタ島で栄えた文明。エーゲ文明の一中心であり、オリエント文明の影響下に発達した海洋文明で、ミケーネ文明に先行する。民族系統は不明。エバンズの調査により、クノッソス宮殿や多数の陶器類が発掘された。ミノア文明。ミノス文明

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クレタ文明【クレタぶんめい】

ミノス文明

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

クレタぶんめい【クレタ文明】

紀元前の三〇世紀から一五世紀にかけて、クレタ島に栄えた古代文明。エーゲ文明の前期をなし、ミュケナイ文明に受け継がれた。クノッソス宮殿や多彩な陶器類で有名。ミノア文明。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレタ文明
くれたぶんめい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクレタ文明の言及

【エーゲ文明】より

…繁栄の途上に諸宮殿が同時に天災のために崩壊すると,直ちにより華麗に再建される。前1700年ころから始まるこの新宮殿時代は,クレタ文明と国力との絶頂期だ。3宮殿は依然文化と経済の中心ではあるが,クノッソスの王が全島を統一する。…

【ギリシア神話】より

…複雑な要素がからみ合い,長い歴史的過程を経て形成されたものである。インド・ヨーロッパ語族に属するギリシア人が,前2千年紀の初めに北方よりギリシアの地に入ってきたとき,その地中海世界にはすでに高度なクレタ文明が栄えていた。彼らはこの先進文明を吸収しつつ前15ないし前14世紀には独自の文化を築き上げた。…

【ミノス文明】より

…クレタ島に栄えたエーゲ文明を代表する文明。クレタ文明また一般にミノア文明ともいう。名称はクレタの伝説上の王名ミノスMinōsにちなむ。…

※「クレタ文明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレタ文明の関連キーワード地中海(Mediterranean Sea)ギリシア史[古代]アクロティリ遺跡ミュケナイ文明オリエント文明キクラデス文明クノッソス遺跡ファイストスイラクリオンミノス伝説クロッカスギリシア史アカイア人クレタ陶器フェニキアサントリニ古代文明ティラ島オリーブミロス島

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレタ文明の関連情報