クロンプトン(読み)くろんぷとん(英語表記)Samuel Crompton

日本大百科全書(ニッポニカ)「クロンプトン」の解説

クロンプトン
くろんぷとん
Samuel Crompton
(1753―1827)

イギリス産業革命期の発明家。ミュールmule紡績機の発明で知られる。ランカシャーボールトン郊外の農家に生まれる。幼時期に父と死別したため早くから織布工として生計をたて、原料糸の自給のためジェニー紡績機を使用したことから、1772年以降その改良を志す。1779年、水力紡績機のローラーによる粗糸引伸しの機構とジェニー紡績機の紡錘による(よ)りかけの原理を組み合わせた紡績機を考案した。この機械はジェニーと同じく、撚りかけと巻き取りが交互になされ、その操作と構造は水力紡績機よりも複雑だったが、経(たて)糸、緯(よこ)糸のいずれも生産が可能で、しかも細糸が生産できる点でそれら両機種より優れており、急速に普及した。ミュール(ラバ。ウマとロバの混血)の名は、両機種の特徴を兼ね備えていることに由来する。当初、ミュールは手動であったが、その後動力化が試みられ、1830年、発明家ロバーツにより自動ミュール紡績機として完成され、19世紀末までイギリス綿工業の主力機種となった。しかしクロンプトン自身は、1780年に特許をとることなくミュールを公開したため、この発明によってほとんど得るところがなく、1812年国会によりわずか5000ポンドの一時金を与えられただけであった。経営の才に恵まれなかったため、彼自身の事業は失敗し、失意のうちにボールトンで没した。

[水野五郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版「クロンプトン」の解説

クロンプトン
Samuel Crompton

1753〜1827
イギリス産業革命期の発明家
ハーグリーヴズのジェニー紡績機とアークライトの紡績機を折衷改良して,1779年ミュール(走錘)紡績機を発明した。この結果細くて長い糸の生産が可能となったが,彼はこの発明の特許を申請せず,ミュール紡績機が大量に普及しても経済的には不遇であった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディア「クロンプトン」の解説

クロンプトン

英国の発明家。紡績工をしていたが20歳ごろから紡績機械の製作に当たり,1779年細い均質な糸のできる機械を発明。これはアークライトの水力紡績機とハーグリーブズのジェニー機の特長を組み合わせたようなものなので,ミュール(ラバ)機と呼ばれた。
→関連項目産業革命

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「クロンプトン」の解説

クロンプトン(Samuel Crompton)

[1753~1827]英国の発明家。水力紡績機のローラー機構と、ジェニー紡績機のりの原理とを組み合わせた、細くて強い糸の作れるミュール紡績機を発明。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「クロンプトン」の解説

クロンプトン

(Samuel Crompton サミュエル━) イギリス産業革命期の発明家。細くて均質な、強い糸の作れる紡績機(ミュール機)を発明。(一七五三‐一八二七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「クロンプトン」の解説

クロンプトン【Samuel Crompton】

1753‐1827
イギリスの発明家。ランカシャーの紡織工で1779年ミュール紡績機械を発明。1770年代には,R.アークライトウォーター・フレーム(水力紡績機)による経糸(たていと)とJ.ハーグリーブズのジェニー紡績機による緯糸(よこいと)とを用いて薄手綿布がつくられたが,薄手化の傾向は強まり細番手の糸がさらに求められた。当時の紡績機械では張力に細い糸が耐えられず切れてしまうため紡ぐことができず,長繊維を用い少数の紡織工の手作業によって製造していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android