コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロビュール globule

翻訳|globule

4件 の用語解説(グロビュールの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

グロビュール【globule】

低温な暗黒星雲の一種で、小さな球形状のもの。背後に明るい散光星雲などがあると黒い点々に浮き上って見える。一般に星が誕生する前の天体と考えられ、星の胞子という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グロビュール

暗黒星雲の一種。低温の宇宙塵が集まって恒星や散光星雲の光を遮っている部分で,形は円形に近く,比較的小さいものをいう。星が誕生する前の,重力収縮が始まろうとしている段階にあるものと考えられ,〈星の胞子〉の名で呼ばれることもある。
→関連項目星間物質

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グロビュール【globule】

グロビュールは星の胞子と呼ばれたりするが,明るい星野や散光星雲を背景に黒く浮かび上がる暗黒星雲の一種である。暗黒星雲には大きさも形もさまざまのものがあるが,グロビュールは比較的小さく,また,円形に近いもので,低温の宇宙塵が集合して遠方の恒星や散光星雲の光を遮っている場所である。遮光の度合や低温度宇宙塵の放射する赤外線などで調べると,その大きさは0.3~3光年,質量は太陽質量の0.2~60倍程度である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グロビュール
ぐろびゅーる
globule

暗黒星雲の一種。星と星の間の空間はまったくの真空ではなく、物質はプラズマ、原子、分子、星間塵(じん)という形で存在している。これらを総称して星間物質という。星間塵は密度の高い領域に存在し星の光を吸収してしまうので、天空の写真をとると星がないように見える。このような領域を暗黒星雲といい、その大きさは、直径1000分の1光年のものから10光年以上のものにまでわたっている。そのうち、形が球状で、大きさが直径数光年以下のものをグロビュールとよぶ。太陽から1000光年内で、およそ10個程度の大きい暗黒星雲と、100個程度の直径1光年前後のグロビュール、そして多数のより小さいグロビュールが発見されている。これらはおもに星が誕生しつつある明るい星雲のかたわらや前面でみつけられている。暗黒星雲やグロビュールはゆっくりつぶれて原始星になり、やがてその星からの光で星間塵は蒸発してしまい、星が見えるようになる。大きい暗黒星雲からは質量の大きい星が多数生まれ、グロビュールからは太陽程度の質量の小さい星が単独に生まれると考えられている。グロビュールはいわば星の卵である。[池内 了]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグロビュールの言及

【星間物質】より


[星間物質と星の誕生]
 バラ星雲などの写真を見ると,星雲の中に黒い丸い粒々が連なっている。これは星間物質が濃く集まったところでグロビュールglobuleと呼ばれる。やがて星として光り出すと思われる。…

【星雲】より

…それらが,銀河系の渦状腕に集まって巨大分子雲になる。暗黒星雲の特殊なものとして,大きさはふつうの1/100くらいで,密度は1000倍という丸いグロビュールがある。ばら星雲の中に多数見られるもので,恒星の胞子と呼ばれている。…

【星間物質】より


[星間物質と星の誕生]
 バラ星雲などの写真を見ると,星雲の中に黒い丸い粒々が連なっている。これは星間物質が濃く集まったところでグロビュールglobuleと呼ばれる。やがて星として光り出すと思われる。…

※「グロビュール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グロビュールの関連キーワードグロビゲリナ軟泥メトヘモグロビンヘモグロビンA1cオキシヘモグロビングロビン小胞子ミオグロビン尿征服者ロビュールメトヘモグロビン血メトミオグロビン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone