コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲシュタルト心理学 ゲシュタルトしんりがくGestalt psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲシュタルト心理学
ゲシュタルトしんりがく
Gestalt psychology

形態心理学ともいう。現代の知覚研究の基礎となった 20世紀の心理学の一派。過去の理論の原子論的アプローチに対する反発として公式化されたもので,全体は部分より大きいことを強調し,いかなるものであれ,全体の属性は部分の個別的な分析から導き出すことはできないとする。ゲシュタルトという言葉は,物事がどのように「形づくられた」か,あるいは「配置された」かを意味するドイツ語で,正確に対応する訳語はない。通常「形」「姿」と訳され,心理学では「パターン」「形態」という語をあてることが多い。ゲシュタルト理論は,連合心理学と,経験をばらばらの要素に分解する構成心理学の断片的な分析手法に対する反発として,19世紀末にオーストリアと南ドイツで創始された。ゲシュタルト研究は代りに現象学的な手法を用いた。この手法は直接的な心理経験をありのままに描写するというもので,その歴史はゲーテまでさかのぼるといわれる。どのような描写が認められるかという制約はない。ゲシュタルト心理学は,一つには精神生活の科学的研究に対する味気ないアプローチと考えられたものに,人間主義的な側面を加えようとした。また,一般の心理学者が無視するか科学の範囲外とみなした,形と意味と価値の質を包含しようとしたものでもある。
M.ウェルトハイマーは,1912年にゲシュタルト学派を確立したとされる論文を発表した。これは W.ケーラー,K.コフカとともにフランクフルトで行なった実験的研究に関する報告で,この3人がその後数十年間にわたってゲシュタルト学派の中核となった。初期のゲシュタルト研究は,知覚の分野,特に錯視の現象によって明らかになった視覚の体制化に関心をもっていた。ゲシュタルトの法則の強力な基盤である知覚の錯覚がファイ現象で,12年にウェルトハイマーによって命名された仮現運動の錯覚である。ファイ現象とは錯視のことで,複数の静止対象がすばやく引続いて示されると,ばらばらなものと感じることのできる識閾をこえるので動いているように見える (この現象は映画を見ている際に体験される) 。知覚的経験の感覚が物理的刺激と1対1の関係をもつとする古くからの仮説では,ファイ現象の効果は明らかに説明できない。知覚された運動は独立した刺激のなかに存在するのではなく,それらの刺激の関係的特徴に依存して現れる経験である。観察者の神経系の働きと知覚的経験は,物理的インプットを受動的にばらばらに記録するわけではなく,むしろ,分化した部分を伴う一つの全体的な場としての体制化された全体となる。この原理はのちの論文でプレグナンツの法則として述べられた。加えられた刺激の神経的,知覚的体制化によって,一般の条件が許すかぎり,よいゲシュタルトが形成されるというものである。
新しい公式化に関する主要な労作は,その後の数十年間に生れた。ウェルトハイマー,ケーラー,コフカおよび彼らの弟子たちは,ゲシュタルトのアプローチを知覚の他の分野,課題解決,学習,思考などの問題に拡大した。その後ゲシュタルトの諸法則は,特に K.レビンによって動機づけや社会心理学,またパーソナリティに適用され,さらには美学や経済行動にも導入された。ウェルトハイマーは,ゲシュタルトの概念が倫理学,政治行動,真理の本質に関する諸問題の解明に適用できることを指摘した。ゲシュタルト心理学の伝統は,R.アルンハイムらによってアメリカで行われている知覚の研究に受継がれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゲシュタルト‐しんりがく【ゲシュタルト心理学】

精神活動を心的要素の結合として説明する立場に対し、全体としての特徴、つまりゲシュタルトを直接的に認識するという事実を強調する心理学。ウェルトハイマーケーラー・コフカ・レビンらを主唱者として、ドイツに起こった。形態心理学

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゲシュタルト心理学【ゲシュタルトしんりがく】

ドイツ語のゲシュタルトGestaltとは,緊密なまとまりと相互関連性を帯びた全体としての構造を意味し,要素に分解しようとすれば直ちにこの構造は失われ,要素は要素としての意味をもたなくなる。
→関連項目学習心理学

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲシュタルトしんりがく【ゲシュタルト心理学 gestalt psychology】

心理現象の本質はその力動的全体性にあり,原子論的な分析では究明しえないとする心理学説。19世紀後半,科学として産声をあげた心理学は,当時の自然科学を規範とした要素還元主義であり,構成主義であった。しかし,1890年エーレンフェルスChristian von Ehrenfelsはこのような機械論的構成主義のもつ欠点を明らかにする論文を発表した。たとえばメロディを1オクターブ上げても同じ感じを抱くように,〈要素の単なる結合ではなく,それとはある程度独立した新しいもの〉,すなわち〈形態質Gestaltqualität〉の存在を指摘した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゲシュタルトしんりがく【ゲシュタルト心理学】

ウェルトハイマー・ケーラー・コフカ・レビンらベルリン学派の提唱した心理学。精神現象を個々の感覚の要素的集まりとする要素心理学に反対し、精神や意識を単なる要素の総和に解消されない形態(ゲシュタルト)としてみる立場。形態心理学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲシュタルト心理学
げしゅたるとしんりがく
Gestalt psychology

ドイツの心理学者であるウェルトハイマーやケーラー、コフカ、レビンらのベルリン学派が提唱した心理学。ゲシュタルト(形、形態)という語はもとはドイツ語であるが、英語に適訳がないのでそのまま使われている。形態心理学ともいう。
 ウェルトハイマーがフランクフルトでケーラー、コフカらを被験者にして行った『運動視の実験的研究』(1912)が出発点になった。この研究は、静止した二つの刺激を異なる場所に継時的に提示したときに現れる運動の印象(映画はその例。実際には存在しない運動が見えるので仮現運動ともいう)を研究したもので、従来ブントらの主張していた残像説や眼球運動説などの心的要素の結合による説明を退けて、ありのままの運動とそれに対応する生理的過程をそれぞれまとまりのある現象、すなわちゲシュタルトとしてとらえる考え方を提唱した。[宇津木保]

時代精神

19世紀末から20世紀初めのころのドイツの心理学界は、イギリスの連合心理学につながるブントの要素的な構成心理学が主流を占めていたが、それに対して全体性を重視する反主流派が台頭してきた時代でもある。たとえば、ディルタイの精神科学的な記述心理学、クリューガーの全体心理学、シュテルンの人格心理学、そしてゲシュタルト心理学などである。またエーレンフェルスChristian von Ehrenfels(1859―1932)のゲシュタルト質、ルビンの「図と地」、カッツの色の現れ方の研究なども同じ線に沿ったものであり、ゲシュタルト心理学から高く評価された。[宇津木保]

研究領域

ゲシュタルト心理学は知覚の領域でもっとも華々しい成果を収めたが、そのほかにもケーラーの『類人猿の知恵試験』(1917)、『物理的ゲシュタルト』(1920)および記憶に関する研究、コフカの『発達心理学』(1921)、レビンの情緒や動機に関する初期の研究および渡米後の社会心理学、グループ・ダイナミックス、感受性訓練の研究、ウェルトハイマーの『生産的思考』(1945)の研究、心理物理的同型説の線に沿ったケーラーの図形残効の研究、レビンのトポロジー心理学の主張など、その領域は多方面にわたっている。機関紙『心理学研究』は1921年に始まり38年まで続いた。[宇津木保]

政治との関係

ゲシュタルト心理学の代表者としてあげた4人のうち、ケーラーを除く3人はみなユダヤ人だったので、ナチスの台頭と第二次世界大戦は彼らのうえに大きな影響を与えた。コフカは早く渡米していたが、ウェルトハイマーとレビンは1933年にナチスの迫害を避けて渡米し、あとに残ってナチスと戦ったケーラーも34年にはアメリカに渡って職を求めた。こうしてゲシュタルト心理学自体がドイツにおける根拠を失い、アメリカに移植されることになった。これは精神分析などの場合と同じく、20世紀での「民族大移動」の一環でもあった。[宇津木保]

ゲシュタルト心理学の影響

アメリカに対するゲシュタルト心理学の紹介は早くコフカによって行われ、ヘルソンHarry Helson(1898―1977)その他の信奉者を得たが、本格的な影響がみられたのはゲシュタルト派の心理学者が続々と渡米してきたあとのことである。ゲシュタルト運動はニューヨークにいたウェルトハイマーを中心に行われ、1956年にはケーラーがアメリカ心理学会から特別科学貢献賞を受け、59年には同会の会長に選ばれており、ゲシュタルト心理学がアメリカの風土に定着したことを示している。ことに社会心理学の領域ではレビンの「場の理論」およびその人柄の与えた影響が大きかった。レビンの周囲にはドイツ時代からゼイガルニークB. V. Zeigarnik(1900―88)のような若い研究者が集まっていたが、アメリカでも彼を中心に「アイオワ・トポロジー・グループ」が形成され、アッシュSolomon Eliot Asch(1907―96)、ハイダーFritz Heider(1896―1988)、フェスティンガー、リピットRonald Otis Lippitt(1914― )、カートライトDorwin Philip Cartwright(1915― )など多くの心理学者がレビンの影響を受けた。
 日本は早くからゲシュタルト心理学の強い影響を受け、昭和初期から第二次世界大戦中や戦後にかけての日本の心理学界はゲシュタルト心理学ブームの時代で、いまもその影響が残っている。[宇津木保]
『ケーラー著、佐久間鼎訳『ゲシュタルト心理学』(1938・内田老鶴圃)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゲシュタルト心理学の言及

【感覚】より

…マッハに始まるこれら現代経験論の思想は,要素心理学や連合心理学の知見,およびそれらの基礎にある恒常仮定(刺激と感覚との間の1対1対応を主張する)とも合致するため,19世紀後半から20世紀初頭にかけて大きな影響力をもった。 しかし20世紀に入ってドイツにゲシュタルト心理学が興り,ブントに代表される感覚に関する要素主義(原子論)を批判して,われわれの経験は要素的感覚の総和には還元できない有機的全体構造をもつことを明らかにした。メルロー・ポンティはゲシュタルト心理学を基礎に知覚の現象学的分析を行い,要素的経験ではなく〈地の上の図〉として一まとまりの意味を担った知覚こそがわれわれの経験の最も基本的な単位であることを提唱し,要素主義や連合主義を退けた。…

【ケーラー】より

…ドイツの心理学者。1909年ベルリン大学で学位を得た後,フランクフルト大学でウェルトハイマーの助手をつとめ,ゲシュタルト心理学の創始者の一人となった。13年から20年まで大西洋のテネリフェ島で類人猿をはじめとした動物の知能の研究に従事。…

【コフカ】より

…ドイツの心理学者で,ゲシュタルト心理学の創始者の一人。1908年ベルリン大学で学位を得,10年フランクフルト大学シューマン研究室の助手となり,同じく助手であったW.ケーラーと知り合い,一緒にウェルトハイマーの知覚実験の被験者となった。…

【思考】より

…いずれにせよ,ここでは思考は刺激と反応との連鎖によりいわば試行錯誤的に解決に迫る過程とみなされる。第2は,思考を場の再構造化の過程としてとらえるゲシュタルト心理学の立場である。ここでは思考が,〈洞察(見通し)〉または観点変更という知覚の法則で支配される過程とみなされる。…

【心理学】より

…W.マクドゥーガルの本能論心理学も,精神の能動性を主張する学派の一つで,精神のあらゆる活動の推進力として生得的な本能を考えた。しかし,行動主義心理学ともっとも激しく対立したのはM.ウェルトハイマー,W.ケーラーらのゲシュタルト心理学であった。彼らは全体は部分の総和以上のものであると主張し,同一刺激が同一反応を引き起こすとする恒常仮定に反対し,連合心理学以来の要素主義,機械論を否定した。…

【全体論】より

… 他方,人間の心的機能について,それらは脳の各部分がつかさどっているとする大脳定位説(局在論)が現在も有力であるが,失語症の研究から局在論に疑問が投げかけられている。この場合の全体論はGanzheitstheorieと呼ばれるものでフルーランスPierre Flourens(1794‐1867)からゴルトシュタインKurt Goldstein(1878‐1965)まで有力な見解をなしており,哲学的にはベルグソンやベルリン学派のゲシュタルト心理学者たちによって表明されている。彼らはいずれも要素論的な心理学に対して批判的立場を取り,メロディやパターンなど要素に還元できない〈ゲシュタルト知覚〉の重要性を指摘した。…

【知覚】より

… W.ブントやE.B.ティチナーなど構成心理学の人々は,要素的な純粋感覚を仮定し,その総和と,それと連合した心像(以前に経験した感覚の痕跡)を加えたものが知覚であると考えた。しかしM.ウェルトハイマーやW.ケーラーなどゲシュタルト心理学の人々は,知覚を要素的な感覚に分けることは不可能で,むしろ直接的に意識にのぼるのはつねに,あるまとまった知覚であると考えた。例えばウェルトハイマーが1912年に発見した仮現運動の場合は,少し離れた2個の光点が順番に提示されると,静止した別々の光点には見えず一つの光点が動いているという運動印象だけが得られる。…

【知覚の現象学】より

…前著《行動の構造》(1942)とともに,現象学のフランス的展開を代表する著作である。著者はここで,まず従来の経験主義的および主知主義的心理学に対してゲシュタルト心理学によって加えられた批判の含蓄する哲学的意味を検討した上で,いわばゲシュタルトの位置する世界つまり知覚的世界と,それを生きる身体的主観性を記述解明する。フッサールやハイデッガーらドイツの現象学者によっては十分に展開されないでしまった身体の問題を主題的にとりあげ,言語や意識や自由の問題をもその地平で解明しようと企てた野心的な著作であり,邦訳(2分冊。…

【ルビン】より

…〈ルビンの盃〉(一つの図形が盃にみえたり,人の横顔にみえたりする反転図形)で知られるように,視覚対象を現象学的に記述し,“図”と“地”の相違およびその基本的特徴を明らかにし,それが視覚のみならず他の感覚にも認めうることを主張した。この考えは,その研究方法とともにゲシュタルト心理学に大きな影響を与えた。【小川 俊樹】。…

【レウィン】より

…ベルリン大学に学び,第1次大戦従軍の一時期を除き,1933年ナチスのユダヤ人迫害を避けてアメリカに移住するまで同大学で研究を続けた。当時,同大学では新しい心理学説ゲシュタルト心理学を提唱したW.ケーラーたちが活発に研究を行っており,その影響を受ける。しかし,レウィンは人間行動の生起に関心をもち,欲求や動機といった領域に全体的力動的構造の概念を適用するとともに,生理学的説明を排し,トポロジーなどの数学的概念を援用した独自の場の理論を唱えた。…

※「ゲシュタルト心理学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲシュタルト心理学の関連キーワードクリューガー(Felix Emil Krüger)ギブソン(Elenor Jack Gibson)ケーラー(Wolfgang Köhler)カッツ(David Katz)レイモンド・H. ホイーラーマックス ウェルトハイマーフェーリクス クリューガー閉合の法則(心理学)デビッド カッツゲシュタルト性質ゴルトシュタインE.J. ルビンクルト コフカH. ヘルソンラシュレー要素心理学佐久間 鼎実験現象学構造心理学ウィタセク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android