コケ(苔)植物(読み)こけしょくぶつ

百科事典マイペディア「コケ(苔)植物」の解説

コケ(苔)植物【こけしょくぶつ】

蘚苔(せんたい)類ともいう。スギゴケヒカリゴケミズゴケなどの蘚類,ゼニゴケジャゴケなどの苔類,ツノゴケ類に大別され,世界に約2万種,日本に約2000種ある。海中以外はほとんど地球上どこにでも生育しており,熱帯雨林内では,多くの種類が樹幹,葉上,地上などをおおって蘚苔林を作り,一方,極地のツンドラ地帯にもミズゴケ類など多くのものがある。その一方,チャツボミゴケ(硫黄分の多い水湿地),イワマセンボンゴケ類(銅イオンを含む岩上)などのように限られた環境にのみ生育する種も多い。維管束をもたず,現生の陸上植物の中では最も原始的である。コケ類の一生は有性生殖と無性生殖が規則正しく行われ,はっきりした世代交代がみられる。ふつう見られるコケの植物体は有性世代の配偶体で,この上にフラスコ状の造卵器,紡錘体状の造精器をつける。精子は2本の鞭毛(べんもう)をもち,造卵器内の卵細胞と受精。受精卵は発達して,無性世代の胞子体となり胞子嚢を作るが,独立栄養生活はできず,配偶体に寄生する。胞子嚢内の胞子母細胞は減数分裂を行って胞子となる。胞子は一般に風によって配布され,配偶体へと生長する。なお,モウセンゴケ,クラマゴケ,ウメノキゴケなどのように小型の顕花植物,シダ地衣類などを含めて呼ぶこともある。
→関連項目隠花植物シダ(羊歯)植物遷移ツンドラ北極地方

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android