コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コハク(琥珀)酸 こはくさん

1件 の用語解説(コハク(琥珀)酸の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コハク(琥珀)酸【こはくさん】

化学式はHOOC(CH22COOH。無色の結晶。融点188℃,沸点235℃(分解し無水コハク酸となる)。熱水,エタノール,アセトンなどに可溶。フマル酸,マレイン酸への水素添加かリンゴ酸の還元,あるいは二臭化エチレンとシアン化カリウムよりスクシノニトリル(CH2CN)2を経て,加水分解によりつくる。
→関連項目化学調味料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

コハク(琥珀)酸の関連キーワードアラキドン酸アレン琥珀酸ブタジエンアリル基アルカンスペルミンアリルビニルブタジエン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone