コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コラート高原 コラートこうげん Khorat Plateau

3件 の用語解説(コラート高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コラート高原
コラートこうげん
Khorat Plateau

タイ北東部に広がる平原。「東北タイ」と呼ばれる地域とほぼ一致する。標高 90~200m。面積は 15万5000km2に及び,丘陵地帯に小さな湖が点在する。西はペッチャブーン山脈チャオプラヤー川の平野と隔てられ,南はダンレク山脈カンボジアと,西と北はメコン川ラオスと境を接する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コラート‐こうげん〔‐カウゲン〕【コラート高原】

Khorat Plateau》タイ北東部、イサーン地方に広がる台地。標高200メートル程度。北側と東側にメコン川が流れ、南をドンレク山脈、西をドンプラヤエン山脈に隔てられる。年間を通じて降水量がやや少なく、ラテライトの土壌が薄く堆積する。主な都市はナコンラチャシーマーウドンターニーウボンラーチャタニーなど。コーラート高原コラート台地

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コラート高原
こらーとこうげん

タイ北東部にある高原。西をドン・プラヤ・エン山脈、南をドンレク山脈、北から東をメコン川に囲まれる。中生代の砂岩が水平に横たわる構造平野で、標高は100~200メートルと低い。岩盤の表面には薄くラテライトが堆積(たいせき)している。山地に囲まれているので降水量は少なく、年800ミリメートル以下の地域がある。大部分はメコン川支流のムン川の流域だが、雨期と乾期で流量差が大きい。乾期に水を供給するために、メコン川総合開発の一環としてムン川にダムが建設されている。おもな都市にはナコン・ラチャシーマー、ウドン・ターニ、ウボンなどがあるが、いずれも小都市で、タイではもっとも開発の遅れている地方である。[大矢雅彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コラート高原の関連キーワード帯化タイ諸語パンパス横隊曽於燃広がるロンバルディア平原降水帯日本海盆北タイン[川]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone