コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルベ コルベ Colbe, Maximilian Maria

11件 の用語解説(コルベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルベ
コルベ
Colbe, Maximilian Maria

[生]1894.1.7. ウージィ近郊
[没]1941.8.14. オシフィエンチム
ポーランドカトリック司祭,宣教師。 1910年コンベントゥアル会に入り,18年司祭,30年からは宣教師として長崎,東京などで活躍。ローマでの神学修学時代の 11年にみずから創刊した『聖母の騎士』誌の日本語版を刊行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コルベ
コルベ
Kolbe, Adolph Wilhelm Hermann

[生]1818.9.27. エリーハウゼン
[没]1884.11.25. ライプチヒ
ドイツ有機化学者。ゲッティンゲン大学の F.ウェーラーのもとで化学を学び,マールブルク大学の R.W.E.ブンゼンの助手 (1842) ,ロンドンで L.プレイフェアの助手 (45) を経て,マールブルク大学教授 (51) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コルベ
コルベ
Kolbe, Georg

[生]1877.4.13. ザクセンワルトハイム
[没]1945.11.15. ベルリン
ドイツの彫刻家。画家として出発したが,1898年フランス,ローマを旅行し,ロダンに出会って強い影響を受け彫刻に転じた。 1903年ベルリンに定住。 13年ギリシアエジプトを旅行。ブロンズ制作を好み,主として激しい動きの人物像を制作したが,出発点となったロダンとは対照的な J.ヒルデブラント古典主義的作風,マイヨールの作風をも吸収し,節度と優美さを保持した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コルベ(Maksymilian Kolbe)

[1894~1941]ポーランドのフランシスコ修道会士。1930年(昭和5)来日し、長崎に養護施設「聖母の騎士園」を設立。帰国後、アウシュビッツ収容所で、処刑者の身代わりとなり餓死刑を受けて死亡。82年、聖人に列せられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コルベ

ドイツの有機化学者。ウェーラーに学び,マールブルク大学でブンゼンの助手を務め,1851年同大学教授,1865年ライプチヒ大学教授。有機化合物の構造について基型説を提唱し,有機化学理論の発展に貢献。

コルベ

ドイツの彫刻家。ザクセンのワルトハイム生れ。初め画家を志したが,彫刻に転じ,マイヨール,A.v.ヒルデブラントの影響を受け,調和と運動感に満ちた人像彫刻を多く制作した。

コルベ

ポーランドのカトリック司祭。〈無原罪の聖母の騎士〉布教運動を始める。1930年−1936年には長崎で活動。1941年ナチスアウシュビッツ強制収容所に捕らわれていたとき,死刑囚の身代りになって殉教。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

コルベ Kolbe, Maximilianus Maria

1894-1941 ポーランドの司祭。
1894年1月8日生まれ。1917年無原罪の聖母の騎士会を創立。昭和5年(1930)ゼノ神父らと長崎に来航,「聖母の騎士」誌を創刊。11年帰国。ナチスに逮捕され,アウシュビッツ収容所で死刑判決をうけた男の身代わりとなり餓死刑に処せられ,1941年8月14日死去。47歳。1982年列聖。グレゴリアナ大(ローマ)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

コルベ【Adolph Wilhelm Hermann Kolbe】

1818‐84
ドイツの有機化学者。F.ウェーラーの門に学び,R.W.ブンゼンの助手となる。マールブルク大学教授を経て,1865年にライプチヒ大学教授に就任した。はじめて明確な無機物質から有機物質〈酢酸〉の合成に成功した。炭酸を基本におき,有機化合物を系統化する独自の理論を展開し,第二・第三アルコールの存在を予測した。彼による脂肪酸塩の電解,サリチル酸の合成はコルベ=シュミット反応として知られている。教育者としてもすぐれていたが,辛辣な批評家でもあり,F.A.ケクレの構造式などに激しく反対した。

コルベ【Maximilian Kolbe】

1894‐1941
ポーランドのカトリック司祭,宣教師,殉教者。ズドゥニスカ・ボーラに生まれ,1907年コンベンツァル聖フランシスコ修道会に入り,ローマで勉学。司祭になって帰国後,出版を通じて積極的に布教することをめざす〈無原罪の聖母の騎士〉運動を始め,30年来日し36年まで長崎で活動。41年アウシュビッツで餓死刑に定められた囚人の身代りになって殉教。71年列福,82年列聖された。【稲垣 良典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コルベ【Maksymilian Kolbe】

1894~1941) ポーランド出身のフランシスコ修道会士。1930年(昭和5)ゼノ神父らと来日、長崎に養護施設を設立。帰国後、アウシュビッツ収容所で餓死刑の囚人の身代わりとなって殉教。82年聖人に列せられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルベの関連キーワードウィーラントウェーバウェーラーフューラープレーグル有機リービッヒイェーナ大学ワルラハビーラー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルベの関連情報