コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コープ こーぷ

9件 の用語解説(コープの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

コープ

生協」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コープ(Edward Drinker Cope)

[1840~1897]米国の古生物学者。動物の化石を収集し、進化に関する諸法則を発見した。著「生物進化の要因」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コープ

米国の古生物学者。フィラデルフィア生れ。1864年―1867年ハーバード大学教授,その後は米国西部の探検と著述に専念。イェール大学のO.C.マーシュ〔1831-1899〕と激しく競争しながら大量の脊椎動物の化石(巨大な恐竜アパトサウルスなど)を集め,獲得形質の遺伝定向進化を前提とする独自の進化学説〈コープの法則〉を提唱。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コープ【Edward Drinker Cope】

1840‐97
アメリカの古脊椎動物学者。フィラデルフィアのクエーカー教徒の商人の家に生まれ,夏休みの農場体験から自然史学に志す。スミソニアン博物館などにも入ったが,莫大な遺産で気ままに研究し,北アメリカの脊椎動物の研究から,その化石の研究に専念するようになる。アメリカ西部の開拓,鉄道の発達とともに巨大な恐竜化石などを多数発掘し,それらを研究して多数の著作を残した。その過程で,マーシュOthniel Charles Marsh(1831‐99)と競争,論争したことは有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コープ

消費生活協同組合。

コープ【Edward Drinker Cope】

1840~1897) アメリカの古生物学者。ネオ-ラマルキズムの代表者の一人。現生の魚類・両生類・爬虫類から脊椎動物の化石の研究へと進み、北アメリカ大陸西部で恐竜の化石を多数発掘。

コープ【co-op,coop】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コープ
コープ
Cope, Edward Drinker

[生]1840.7.28. ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]1897.4.12. ペンシルバニア,フィラデルフィア
アメリカ合衆国の古生物学者。富裕な家庭に生まれ,主として家庭教師から教育を受けたため,ペンシルバニア大学に 1年間在学しただけであった。1864~67年ペンシルバニア大学ハバフォード・カレッジの比較動物学および植物学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コープ
こーぷ
Edward Drinker Cope
(1840―1897)

アメリカの古生物学者。裕福なクェーカー教徒の子としてフィラデルフィアに生まれる。幼時から動物や化石に興味を示し、18歳のころ初めての論文を発表した。青年時代の数年をヨーロッパで学び、1864年に帰国してハーバーフォード大学教授となる。1867年辞職してニュー・ジャージー州に移り、資産で暮らしながら研究に打ち込んだ。1875年遺産を相続したが鉱山株に投資して失敗、1889年からはペンシルベニア大学教授となった。1895年アメリカ科学振興会会長に選出される。専門は現生魚類、現生両生・爬虫(はちゅう)類、化石脊椎(せきつい)動物の3分野にわたり、論文の総数も1400に及んだ。アメリカ西部各地でのマーシュとの恐竜発掘競争や、進化に関する収斂(しゅうれん)の法則(1866)、非特殊化の法則(1870)、躯体(くたい)大化の法則(1880)など諸法則の提唱者として著名である。アメリカ魚類・爬虫類学者協会の科学機関誌は彼を記念して『コーピア』と名づけられた。[小畠郁生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コープの関連キーワード消費生活協同組合生協消費組合生活協同組合消費生活協同組合連合会生活協同組合連合会パルシステム生活協同組合連合会山本秋消費生活協同組合法生活協同組合コープこうべ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コープの関連情報