コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴルトシュミット Goldschmidt, Adolph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴルトシュミット
Goldschmidt, Adolph

[生]1863.1.15. ハンブルク
[没]1944.1.5. バーゼル
ドイツの美術史学者。 1903年ベルリン,04年ハレ,12~29年ベルリンの各大学教授を歴任。 39年スイスへ移住。中世美術史の権威として知られ,厳格な様式批判の方法論を主張。主著『8~11世紀におけるカロリング朝とザクセン朝の象牙彫刻』 Die Elfenbeinskulpturen aus der Zeit der karolingischen und sächsischen Kaiser des 8-11Jh. (3巻,1914~23) ,『中世初期のドイツの青銅扉』 Die deutschen Bronzetüren des frühen Mittelalters (26) ,『ドイツのミニアチュア絵画』 Die deutsche Buchmalerei (2巻,28) など。

ゴルトシュミット
Goldschmidt, Hans

[生]1861.1.18. ベルリン
[没]1923.5.20. バーデンバーデン
ドイツの化学者。 1899年,金属酸化物とアルミニウム粉末を混合し,加熱・還元して純粋な金属を得るテルミット法 (ゴルトシュミット法) を発明した。この技術は溶接にも用いられる。 (→テルミット溶接 )

ゴルトシュミット
Goldschmidt, Levin

[生]1829.5.30. ダンチヒ(現グダニスク)
[没]1897.7.16. カッセル
ドイツの代表的な商法学者。ハイデルベルク大学員外教授 (1860) ,同正教授 (66) 。ライプチヒ高等商事裁判所判事 (70~75) ,ベルリン大学初代商法教授 (75~97) を歴任。商法の理論的研究ならびにローマ法および中世イタリア法を中心とした商法史の研究にすぐれた業績を残し,『全商法雑誌』 Zeitschrift für das gesamte Handelsrechtを創刊した (58) 。主著『商法提要』 Handbuch des Handelsrechts (1巻,64~68) ,"System des Handelsrechts" (92) 。

ゴルトシュミット
Goldschmidt, Richard Benedict

[生]1878.4.12. フランクフルトアムマイン
[没]1958.4.24. カリフォルニア,バークリー
ドイツ生れのアメリカの動物学者,遺伝学者。ハイデルベルク大学卒業 (1900) 。ミュンヘン大学助教授 (09) 。カイザー・ウィルヘルム研究所に入り (14) ,所長 (21) 。 1936年ナチスに追われてアメリカに渡り,カリフォルニア大学バークリー校教授 (36~46) 。ヨーロッパ,アジアの各地方からマイマイガ (ドクガ科) の種々の変種を集めて交雑し,メンデルの法則に従って変種の特徴が遺伝することを発見。地理的隔離による変種の生成を遺伝学的に研究する基礎をおいた。マイマイガ交雑実験中に間性を発見し,一方の性を決定する因子の支配下で発生を続けていた個体が途中から他方の性決定要因の支配を受けるようになると間性になると説明した。なお間性の研究の一部は,日本に滞在した際 (24~26) に東京帝国大学農学部で行われた。 35年にはショウジョウバエを実験材料として表現型模写の現象を発見。温度などの環境要因を変化させることにより,遺伝子はもとのままで表現型だけが突然変異体に似た個体を得て,表現型が遺伝子のみによって決定されるのではないことを明らかにした。彼は遺伝学と生理学との連続性を強調し,遺伝子は化学反応を通じて形質を支配すると考えた。『生理遺伝学』 Physiological Genetics (38) は,このような理念のもとに書かれ,遺伝学のその後の発達に影響を与えた。

ゴルトシュミット
Goldschmidt, Victor Moritz

[生]1888.1.27. チューリヒ
[没]1947.3.20. オスロ
ノルウェーの鉱物学者,岩石学者,地球化学者。オスロ大学で学ぶ。オスロ大学教授 (1914) 。ゲッティンゲン大学教授 (29~35) 。ナチスに追われてノルウェーに戻り (35) ,のちイギリスに逃げる (43) 。第2次世界大戦後オスロに再び戻る。 1920年頃まで南ノルウェーの変成岩,深成岩の研究を行い,相律の観点から鉱物構成を解析し,変成作用,交代作用の研究に新分野を開き,のちに隕石,岩石圏の元素の分配律を究明した。主著に『物質の地球化学的分配法則』 Geochemische Verteilungsgesetze der Elemente (8巻,23~38) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ゴルトシュミット

ノルウェーの岩石・地球化学者。チューリヒ生れ。クリスティアニア大学卒。1914年同大学,1929年ゲッティンゲン大学教授。1942年ナチスの強制収容所に入れられたが翌年脱出,一時英国で研究を続けた。
→関連項目親気元素

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴルトシュミット【Levin Goldschmidt】

1829‐97
ドイツの商法学者。ダンチヒのユダヤ商人の子として生まれた。1860年ハイデルベルク大学教授。70‐75年ライプチヒ高等商事裁判所判事,75年からベルリン大学教授。〈商法の普遍史〉を志し,現代商法の起源を中世商人,とくに中世海商のうちに見いだして,商法史におけるゲルマン法重要性を指摘した。また商法学を,現実の取引のあり方を基礎とした帰納的方法によって基礎づけようとした。その研究は破産法や民事訴訟法にも及び,ドイツ民事訴訟法典(1877公布)の起草など多くの立法事業にも関与して,ドイツ法の近代化・統一化に寄与した。

ゴルトシュミット【Victor Moritz Goldschmidt】

1888‐1947
スイスに生まれ,のちにノルウェーの市民権を得た地球化学者。地球における元素の存在度,分布,分布を支配する法則性を追究し,地球化学を確立した。1905年ノルウェーのクリスティアニア大学(現,オスロ大学)に入学,鉱物学,地質学などを学び,14年同大学教授となった。接触変成岩研究に熱力学を導入して鉱物学的相律を基礎づけ(1911),これを広域変成岩研究にも適用した(1912‐21)。20年ころから多数の鉱物の系統的なX線解析を行い,《元素の地球化学的分配則》(8巻,1923‐27)にまとめ,結晶化学も発展させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゴルトシュミット【Victor Moritz Goldschmidt】

1888~1947) スイス生まれの地球化学者。岩石の結晶構造とその化学組成の関係を研究し、地球化学の父とも呼ばれている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ゴルトシュミット

生年月日:1829年5月30日
ドイツの商法学者
1897年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のゴルトシュミットの言及

【イオン半径】より

…したがって,今ある一つのイオン半径の絶対値がわかると,他のイオン半径は格子間隔とその値とから計算することができる。V.M.ゴルトシュミットは1927年に,さきにフッ化物および酸化物の光学的性質から求められたF=1.33Å,O2-=1.32Åを用いて,大半のイオン半径を計算し,現在でもしばしば用いられる。一方,L.ポーリングは,量子力学に基礎を置いてイオン半径を計算し,ゴルトシュミットの値とよく一致した結果を得た。…

【岩石学】より

…そして岩石学の主流は記載的岩石学から成因的岩石学へと移った。その発展に貢献したのはV.M.ゴルトシュミット,P.E.エスコラ,N.L.ボーエンなどである。前2者は主として変成岩に化学平衡論を適用して変成岩理論を確立した。…

※「ゴルトシュミット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴルトシュミットの関連キーワードバート(Thomas Fredrik Weiby Barth)ゴルトシュミット(Hans Goldschmidt)フレドリッヒ ベルギウスT.F.W. バートA. フェルスマン宇宙存在度[元素]P.E. エスコラ寄生虫アレルギージンツハイマーフェルスマン小笠原混血民ベルギウス1月27日4月12日イオン半径化学組成エスコラ親鉄元素ウィルム結晶構造

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android