コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンドワナ大陸 ゴンドワナたいりくGondwanaland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴンドワナ大陸
ゴンドワナたいりく
Gondwanaland

中生代ジュラ紀前期から白亜紀後期にかけて南半球に広がっていたと考えられる大陸。今日のオーストラリアやインド,アフリカ,南アメリカ,南極などの地域には,ゴンドワナ系と呼ばれる陸成層が発達し,グロッソプテリスで代表されるゴンドワナ植物群や,陸生の動植物の化石が発見され,当時この地域が一つの大陸をなしていたと推定されている。海洋底拡大説では,ゴンドワナ大陸内にマントル対流の湧出口を生じ,マントル対流に乗って各大陸は分離したと考えられている。大陸移動説の提唱者であるアルフレッド・ロタール・ウェゲナーは,全大陸が一つになったパンゲアを考えたが,のちの研究者により,北にある巨大大陸をローラシア大陸,南にある巨大大陸をゴンドワナ大陸と分けるのがよいとされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゴンドワナ‐たいりく【ゴンドワナ大陸】

Gondwana古生代から中生代前半にかけて、南半球に広がっていたと考えられる大陸。その後分裂・移動して現在の南アメリカ・アフリカ・オーストラリア・南極・インドなどになったとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ゴンドワナ大陸【ゴンドワナたいりく】

古生代後期〜中生代に南半球にあったと考えられる広大な大陸。南米,アフリカ,マダガスカル,インド半島,オーストラリアなどは,グロッソプテリスガンガモプテリスと呼ぶ古生代後期の特異な植物化石や,それを含む地層に共通性があり,当時一つの大陸をなしていたと推定された。
→関連項目アフリカアンガラ大陸インドギアナ高地デカン高原テチス海

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンドワナたいりく【ゴンドワナ大陸 Gondwanaland】

約3億年前の古生代後期から約1億年前の中生代半ばころまで,南半球を中心に存在したと推定される超大陸をいう。この大陸はその後分離移動して現在のアフリカ,南アメリカ,オーストラリア,南極大陸,マダガスカル,インドなどを形成したものとほぼ確定的に考えられている。ゴンドワナ大陸の北側には,テチス海(古地中海)をへだててローラシア大陸Laurasiaがあった。古生代前半や先カンブリア時代にゴンドワナ大陸とローラシア大陸とは一連の陸地を形成していたと推定されており,この超大陸をパンゲアと呼んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゴンドワナたいりく【ゴンドワナ大陸】

〔ゴンドワナ(Gondwana)はインド中央部東寄りの地方名〕 古生代後期から中生代にかけて南半球に存在したと考えられる超大陸。のちに分裂・移動して南アメリカ・アフリカ・マダガスカル・インド半島・オーストラリア・タスマニア・南極大陸などになったとされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴンドワナ大陸
ごんどわなたいりく
Gondwanaland

古生代後期から中生代にかけて南半球に存在していた、現在の南アメリカ、アフリカ、インド、南極、オーストラリアなどからなる超大陸。ジュースがこれら諸大陸の地層の類似性から命名し、ウェゲナーがそれを大陸移動説によって説明した。論拠は、各大陸とも共通して次のような現象がみられることである。古生代末の氷河作用によるティライト(氷礫(ひょうれき)岩)や石炭層が存在する。グロッソプテリスなど特徴的な植物化石を主体とするゴンドワナ植物群が産出する。動物群も同様で、現在でも肺魚などこの超大陸独特の動物が南半球に生息している。超大陸を復原してみると、造山帯などの地質構造がよく連続し、岩石の放射年代もつなぎ目でよく一致する。
 ゴンドワナ大陸の地史は次のようにまとめられる。約3億5000万年前には一つの超大陸パンゲアが存在していた。パンゲアは北半球のローラシア(ユーラメリカ)とゴンドワナに分かれていて、両者の間の海がテチス海である。1億8000万年前になると、アフリカ‐南米地塊、南極‐オーストラリア地塊、インドに三分され、大西洋が開き始め、インドは北進を始めた。その後、南極とオーストラリアが分離し、インドはユーラシアと衝突してヒマラヤ山脈が形成された。[岩松 暉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゴンドワナ大陸の言及

【アラビア半島】より

…長さ約2300km,幅1200~1800km,面積約259万km2
[地質,地形]
 アラビア半島は,地質時代の古生代から中生代にかけて,アフリカ大陸,オーストラリア大陸,インド半島などともつながって存在していた,いわゆるゴンドワナ大陸のなごりの陸塊で,全般に台地状である。陸塊の基盤をなすのは始原代の堅固な花コウ岩,片麻岩であるが,古生代以降の長い地質時代を通じて陸塊は緩やかな昇降運動をくりかえしたため,沈降期の海進によって,基盤岩の上には砂層などの古生代以降の地層がほとんど水平の状態で堆積している。…

【インド洋】より

…その多くは基盤が大陸型地殻であって,太平洋におけるように火山岩のものは,西オーストラリア海盆でC.ダーウィンが発見したココス環礁など少数である。
[地質構造と地史]
 インド洋はアフリカ,南アメリカ,南極,オーストラリア,インドなどがひと塊となって形成していたゴンドワナ大陸が分裂したあとにできたものと考えられている。数多くの島や海嶺が大陸型地殻をもっているのは,分裂後に残された大陸の残片と考えられる。…

※「ゴンドワナ大陸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴンドワナ大陸の関連キーワードジュース(Eduard Suess)ケープトリビュレーションアルプス・ヒマラヤ山系シンハラジャ森林保護区ディンツリー国立公園タスマニア原生地域ラミントン国立公園ブルーマウンテンズアルダブラ[諸島]グロッソプテリス類ティタノサウルスローレンシア台地リストロサウルスバリスカン造山帯アルプス造山帯ジーランディアアンガラ楯状地アラビア半島リバースリーメソサウルス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ゴンドワナ大陸の関連情報