コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ジル Saint‐Gilles

世界大百科事典 第2版の解説

サン・ジル【Saint‐Gilles】

フランス南部,ガール県の町。ローヌ川下流と地中海岸セートを結ぶ運河に臨む。人口約7000。同名の修道院の門前町として発達し,一時遠近から巡礼を集めた。修道院の設立者,聖ジル(アエギディウス)について確実なことはほとんど知られていない。8~9世紀にギリシアに生まれたという。ある日,発心して家財を捨て,小舟に身を託して地中海に出たところ,この地に漂着した。山中で鹿とともに起居して苦行を続け,多くの奇跡を現した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サン・ジルの関連キーワードベルナデット・スビルーガル・アノニム

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android