コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サークル活動 サークルかつどうcircle activity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サークル活動
サークルかつどう
circle activity

第2次世界大戦前は,労働運動政治運動のなかで,組織の拡大や大衆掌握の手段として行われたが,戦後,自立的な学習小集団 (サークル) の学習を目的とする独特の活動として,大衆運動のなかから自然発生的に生れた。今日では,社会教育の重要な学習形態の一つとして,計画的,組織的に活用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

サークルかつどう【サークル活動】

文化・芸術・スポーツなどの同好者が集まって活動すること。特に、大学の同好会活動。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サークル活動
さーくるかつどう

なんらかの文化的、社会的な欲求を充足することを目的にして、自発的につくられた小集団であるサークルcircleの活動。この活動は、社会や組織が大きくなり、人間関係が疎外される状況になると、人間性を回復したり、情緒的な不安定性を解消したりするばかりでなく、社会運動などの活力を底辺から支えたり、学習効果を高めたりする機能をもつ。普通は、個人を単位として参加し、趣味・娯楽からスポーツ、文化創造、思想、学習、実用的知識や技術の修得、あるいは政治的要求の実現まで多様な領域にわたる。この活動は、地域、職場、学校などで展開されるが、労働組合、政党、大規模な組織などの集団に比べて、より少人数で親密・緊密な人間関係を維持することができることが特色である。この特色が十分に発揮されるときには、この活動が目的とする個々の欲求の充足・実現をもたらすとともに、活動参加者の人間形成にも影響を与えることが期待できる。
 第二次世界大戦後の日本のサークル活動は、1950年(昭和25)ごろまでを第1期とする。敗戦の空虚感と解放感から自然発生的に組織化され、とくに職場サークルはこの時期最盛期であった。第2期は60年ごろまでで、抑圧された人間性の回復を目ざす新しい活動が展開され、生活綴方(つづりかた)などの生活問題が中心であった。その後は、職場の近代化・管理化、農村サークルの衰退、大衆社会状況での小集団の趣味化などにより、活動が著しく停滞した。かわって、1980年代以降、大学進学者の増加等による「大学の大衆化」の結果、学生運動の衰退に逆比例するように、相互に自由で楽しさとおもしろさを求めようとする、大学内におけるグループ活動が盛んになってきた。[似田貝香門]
『思想の科学研究会編『共同研究 集団サークルの戦後史』(1976・平凡社) ▽神谷国善編著『サークル活動の理論と実践』(1984・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サークル活動の関連キーワードエクステンションサービスオートメーションレールモントフ港野 喜代子民間教育運動E.S.S.生活記録運動立正佼成会生きた新聞港野喜代子酒井 定吉寺島 文夫統合失調症福田 定良学生自治会ペテーフィ仲間集団生活記録放送大学白鳥邦夫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サークル活動の関連情報