コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーメット サーメット cermet

翻訳|cermet

6件 の用語解説(サーメットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーメット
サーメット
cermet

高硬度の金属炭化物ホウ化物,窒化物,酸化物などを金属バインダーで結合してつくる一種の複合金属材料。英語名は陶器材 ceramicsと金属 metalの合成語。バインダー金属としてはコバルト,鉄,クロムモリブデンニッケルなどの金属やその合金が用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サーメット(cermet)

《ceramic(陶器)とmetal(金属)との合成語》金属の炭化物・硼化(ほうか)物・酸化物・窒化物などのセラミックと、ニッケルクロムコバルトなどの金属と合わせて焼き固めた材料。セ氏1000度以上の耐熱材として、ジェットエンジンや硬質工具などに使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サーメット

セラミックスと金属の複合材料で,サーメットcermetは,ceramicsとmetalの合成語。セラミックスのかたさや耐熱性と金属のねばり強さを組み合わせようとするもので,粉末冶金法によって作られる。
→関連項目ニューセラミックス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サーメット【cermet】

セラミックスと金属との複合材料で,セラミックスceramicsのcerと金属metalのmetとの複合語である。セラミックスの硬さ,耐熱性と金属の靱性(じんせい)という長所を組み合わせることを目的として作られたもので,元来は第2次大戦後ジェット機タービン翼用に試みられた。現在は耐熱材料としてだけでなく,工具,耐食,耐摩耗,電気接点などを目的とした使い方がされている。セラミックスの種類によって酸化物サーメット炭化物サーメット,ホウ化物サーメット,窒化物サーメットなどと分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

サーメット【cermet】

セラミックスの耐摩耗性・耐熱性と金属の靭性じんせいとを併せもつ複合材料。セラミックス材料の粉末と金属の粉末とを混ぜて焼結して得る。ジェット-エンジンや固体ロケットの部品、切削工具などに用いる。 → 超硬合金

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーメット
さーめっと
cermet

セラミックスceramicsと金属metalの両者を含む耐熱材料。それぞれの頭3文字をとって命名されたもので、アメリカバルガーA. L. Bergerがこの名を提案した(1949)。サーメットはスイスハウザーH. Hauserが1926年に初めて開発したとみられている。広範囲のセラミックス(酸化物と炭化物)および金属(鉄、クロム、モリブデンなど)の組合せで、セラミックスの耐火性と耐酸化性、金属の大きな熱衝撃抵抗性と引張り強度との特性を備えた材料の開発が目的であった。
 もっとも有効なサーメットは、TiC-Niサーメット(kentanium)、Al2O3/CrおよびAl2O3-Feサーメットである。サーメットの第一の用途は、ガスタービン翼およびその他の高温機械材料であるが、ムライト‐銅サーメットはブレーキ材として使用されている。製法としては焼結のほか含浸、積層、自己施釉(せゆう)などがある。[素木洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のサーメットの言及

【チタンカーバイド】より

…TiC粉末と結合用金属粉末にモリブデンMoまたはモリブデンカーバイドMo2Cを加えてつくったTiC基超硬合金は切削工具に用いられる。金属の酸化物や炭化物などをコバルトCo,ニッケルNiなどで結合した焼結体を一般にサーメットと呼ぶが,日本の工具関係者では,サーメット工具といえばこのTiC基の工具を指す。なおサーメットcermetとは,セラミックスceramicsと金属metalの英語から合成した語である。…

【抵抗材料】より

…これはきわめて安価ではあるが,合金のものと比較して雑音が一けた以上も多く,他の特性もかなり劣っている。このほかに,SnO2を主体とした金属酸化物,金属粉末とガラス粉末を有機物バインダーで固めたメタルグレーズ,タンタルなどの窒化物の薄膜,サーメットと呼ばれるCr‐SiO2のような金属と無機物の混合薄膜を材料としたものなど,多種類の抵抗材料がそれぞれの特徴を生かして使用されている。【七尾 進】。…

※「サーメット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

サーメットの関連キーワードガラスセラミックスバイオセラミックスエンジニアリングセラミックスエレクトロニックセラミックスセラミックセンサーセラミックターボセラミックヒーターアドバンストセラミックス圧電性セラミックス信州セラミックス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サーメットの関連情報