コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シカゴ商品取引所(読み)シカゴしょうひんとりひきじょ(英語表記)Chicago Board of Trade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シカゴ商品取引所
シカゴしょうひんとりひきじょ
Chicago Board of Trade

1848年にシカゴに開設されたアメリカ合衆国で最初の穀物先物取引所。正式名称 Board of Trade of the City of Chicago。シカゴ市内の有力な穀物商人らの自主的な集まりとして始まった。1859年にイリノイ州議会から認可を受け,取り引きを行なうにあたって商品の品質や規格を設定する権限を得た。当初,品質が均等な穀物の売買には見本を使用して取り引きを行なっていたが,取り引きの規格化と円滑化をはかるために検査と等級づけの制度が導入され,現物がなくても取り引きができるようになった。市場の規格化が進み,取り引き量と金額において世界でも屈指の大規模な商品先物市場へと発展した。上場する商品を拡大し,金融先物取引(1975),先物オプション取引(1982),ダウ工業株30種平均指標(→ダウ式平均株価)をもとにした先物オプション取引(1997)も扱うようになった。1994年には,ピットと呼ばれる立会場での取り引き方式から電子取引方式へ移行した。2005年に持株会社 CBOTホールディングズが設立され,その子会社になった。持株会社は 2007年にオプション,外国為替先物,金利商品を専門に扱う金融先物取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所ホールディングズと統合し,CMEグループとなった。新会社のもと,金融,商品,天候や不動産などの先物商品の取り引きを扱うようになった。(→オプション取引先物取引

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シカゴしょうひんとりひきしょ【シカゴ商品取引所 Chicago Board of Trade】

1848年に設立された,アメリカで最も歴史が古く,取引量も最大の商品取引所。そこで形成されるトウモロコシ小麦,大豆などアメリカの代表的な農産物の価格は〈シカゴ相場〉の呼称で国際的な指標となっている。70年代後半からは後述のように穀物中心の取引所から総合色を強めている。 シカゴはミシガン湖の南に位置し,アメリカの商業的農業の中心地である中西部において,トウモロコシ,小麦の集散地点として発達していったが,秋の収穫期には入荷が集中し,農民が満足できる値段で売ることができなかったり,逆に春から夏の端境期には穀物不足で異常な値上がりをみせることも珍しくなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシカゴ商品取引所の言及

【農産物市場】より

…日本では,乾繭・生糸,綿花・綿糸,豆類,澱粉,砂糖等々が各地の取引所に上場されているが,アメリカでは穀物,大豆,畜産物なども上場される。とくにシカゴ商品取引所の小麦,トウモロコシ,大豆の価格は,世界的な標準価格として有名である。(2)卸売市場 生鮮食料品の現物取引が,複数の荷受問屋と多数の卸小売商との間で競争的に行われる。…

※「シカゴ商品取引所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シカゴ商品取引所の関連情報