コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シキミ

百科事典マイペディアの解説

シキミ

関東〜沖縄,朝鮮南部の山地林中にはえるシキミ科の常緑小高木。芳香があり,葉は厚くなめらかで,長楕円形,両端はとがる。3〜4月,葉腋に径2cm内外の黄白色のを開き,果実は星状で径2〜3cm。
→関連項目サカキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シキミ
しきみ / 樒
[学]Illicium anisatum L.

シキミ科の常緑高木。高さ2~15メートル。葉は互生し、全縁で葉脈は見えにくい。3~4月、薄黄白色の花を開く。花弁、雄しべは多数が螺旋(らせん)状に配列し、雌しべは8本ほどが輪生する。果実は袋果で、おのおの1個の種子がある。本州から沖縄、および朝鮮半島南部に分布する。近縁種のダイウイキョウ(トウシキミ)の実は大茴香(だいういきょう)または八角茴香(はっかくういきょう)とよび、香辛料として有名であるが、シキミは全体が有毒で、とくに果実は甘いが食べると死亡することもあるので注意を要する。材は緻密(ちみつ)で割れにくく、さまざまな用途がある。シキミ科Illiciaceaeはモクレン目に属する常緑木本の科。シキミ属1属のみからなり、日本、および中国から東南アジア、北アメリカ東部、中央アメリカに約40種分布する。つぼみを覆う鱗片(りんぺん)から花弁まで、形が連続的に変化する点などから原始的被子植物と考えられる。[植田邦彦]

民俗

花柴(はなしば)としてもっぱら仏前や墓前に供えられる。シキビともいうが、枝葉を切ると一種の香気が漂うのでコウノキ、コウノハナ、あるいは墓に供えられることが多いのでハカバナともいう。精油を含んだ葉は抹香や線香をつくるのに利用されるため、マッコウ、マッコウギ、マッコノキの名もある。材は木炭、薪、砂糖の樽(たる)材などに用いられ、褐色の光沢がある果実は、有毒であるが子供がままごとなどに使って遊ぶ。山口県の一部ではこの実を「おしゃり」(仏舎利(ぶっしゃり)の意)と称し、善良な人が死ぬと胸にこの形に似たものが残るという。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シキミの関連キーワードスターアニスツルシキミ乎加都々之乎加豆々之之岐美乃木邇豆々之八角茴香爾都々之シキミ酸之木美丹躑躅大茴香岡躑躅多香木仏前草樒・梻鬼威し毛保己抹香木葉花草

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シキミの関連情報