コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シベリア抑留 シベリアよくりゅう

6件 の用語解説(シベリア抑留の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シベリア抑留
シベリアよくりゅう

第2次世界大戦終結時にソビエト連邦に降伏し,または逮捕された日本人が,シベリア強制労働を課せられたこと。抑留者の数は,日本政府の調べでは約 57万 5000人とされ,主として軍人であったが,満州開拓団の農民,満州の官吏,南満州鉄道株式会社など国策会社の職員,従軍看護婦なども含まれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

シベリア抑留

第2次世界大戦終結後、旧ソ連が旧満州、樺太、千島から軍人らをシベリアなどの収容所に連行し、強制労働に従事させた。厚生労働省によると、抑留されたのは約57万5千人。これまでに約47万3千人は帰還したが、極寒の中での重労働や飢えに苦しみ、約5万5千人が亡くなった。約4万7千人は旧ソ連に連行後、病弱のため旧満州や朝鮮半島北部に送られるなどされた。

(2016-12-08 朝日新聞 朝刊 山口・1地方)

シベリア抑留

1945年8月に中国東北部(旧満州)に侵攻した旧ソ連軍は、日本の軍人や民間人をシベリアを中心にソ連各地の収容所などへ連行。厚生労働省によると約57万5千人が抑留され、極寒での労働や飢えなどで約5万5千人が死亡したと推計されている。集団引き揚げは46年12月に始まり、56年12月が最後だった。

(2016-10-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シベリア‐よくりゅう〔‐ヨクリウ〕【シベリア抑留】

第二次大戦終了時、中国東北地方サハリン千島でソ連の捕虜となった日本軍兵士・軍属がシベリア地方に連行され抑留されたこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シベリア抑留【シベリアよくりゅう】

第2次大戦後のソ連軍による日本軍捕虜の抑留。終戦直後,旧満州,朝鮮半島北部,千島・樺太などから,約64万人(満蒙開拓団員など民間人も含む。うち約3万人が朝鮮・中国人)がソ連領内に連行された。
→関連項目イルクーツクナホトカ吉田正

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シベリアよくりゅう【シベリア抑留】

第2次大戦終結時にソ連軍に降伏・逮捕された日本軍人その他がシベリアで強制労働に従事させられたこと。その大部分は関東軍軍人で,これに樺太・千島,北朝鮮武装解除された部隊が加わり,その数は日本政府推定で57万5000余人とされる。軍人以外では満州国官吏,国策会社,植民地統治機構,協和会,新聞社などの幹部役職員など約1万2200人が含まれる。ポツダム宣言第9項は日本軍隊の郷里への帰還を約束したが,ソ連は上記人員をシベリア(47万2000人),外蒙古(1万3000人),中央アジア(6万5000人),ヨーロッパロシア(2万5000人)と約1200ヵ所の捕虜収容所・監獄に収容,土木建築,鉄道建設,採炭・採鉱,生産工業に従事させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シベリア抑留の関連キーワードカチンの森事件キエフの戦いソルミ独ソ戦ビエルートホーネッカーローゼンバーグ事件記念日第2次世界大戦終結の日煕洽

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シベリア抑留の関連情報