シュタイン‐ハルデンベルクの改革(読み)しゅたいんはるでんべるくのかいかく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタイン‐ハルデンベルクの改革
しゅたいんはるでんべるくのかいかく
Die Stein‐Hardenbergschen Reformenドイツ語

19世紀初頭プロイセンの近代化を目ざして行われた改革。ナポレオンに敗れ、ティルジット講和により国家存亡の危機にたたされたプロイセンでは、前近代的諸制度の改革が急務となっていた。1807年国政をゆだねられたシュタインは、隷農制廃止と人身の自由を定めた農民解放令、都市の自治を定めた都市条令等を発布して、改革の口火を切ったが、翌年ナポレオンの圧力で辞任を余儀なくされた。改革事業は10年以降ハルデンベルクにより受け継がれ、営業の自由、行政機構改革等が推進された。しかし、解放戦争勝利後は反動勢力の反対が強まり、農民解放もかえってユンカーを強める方向にゆがめられ、憲法も実現しなかった。[岡崎勝世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android