コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュロップシャー シュロップシャーShropshire

翻訳|Shropshire

2件 の用語解説(シュロップシャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュロップシャー
シュロップシャー
Shropshire

イギリスイングランド西部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。旧称サロップ行政府所在地シュルーズベリー。1998年にテルフォード・リーキンが分離し,2009年に県から単一自治体に移行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュロップシャー
しゅろっぷしゃー
Shropshire

イギリス、イングランド中部、ウェールズとの境界近くに位置するカウンティ(県)。1974年の地方行政改革によってサロップSalopと改称されたが、その後もこの旧県名が用いられることが多く、1980年には再びシュロップシャーと改称された。面積3197平方キロメートル、人口28万3240(2001)。1998年レキン地区がユニタリー・オーソリティー(一層制地方自治体)として分離した。県都シュルーズベリー。東部の平野をセバーン川が流れる。西部、とくに南西部はウェールズの山地にかかっている。北部では酪農、南部では家畜の飼育が盛ん。麦類、ジャガイモテンサイなどの農産物の産出も多い。バーミンガムに近く、機械工業も若干発達する。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュロップシャーの関連情報