コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュロップシャー シュロップシャー Shropshire

翻訳|Shropshire

2件 の用語解説(シュロップシャーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュロップシャー
シュロップシャー
Shropshire

イギリスイングランド西部の単一自治体(ユニタリー unitary authority)。旧称サロップ行政府所在地シュルーズベリー。1998年にテルフォード・リーキンが分離し,2009年に県から単一自治体に移行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュロップシャー
しゅろっぷしゃー
Shropshire

イギリス、イングランド中部、ウェールズとの境界近くに位置するカウンティ(県)。1974年の地方行政改革によってサロップSalopと改称されたが、その後もこの旧県名が用いられることが多く、1980年には再びシュロップシャーと改称された。面積3197平方キロメートル、人口28万3240(2001)。1998年レキン地区がユニタリー・オーソリティー(一層制地方自治体)として分離した。県都シュルーズベリー。東部の平野をセバーン川が流れる。西部、とくに南西部はウェールズの山地にかかっている。北部では酪農、南部では家畜の飼育が盛ん。麦類、ジャガイモテンサイなどの農産物の産出も多い。バーミンガムに近く、機械工業も若干発達する。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュロップシャーの関連キーワードイギリス東インド会社インド省イギリス国教会イギリスオランダ戦争ウィリアムグラウンドフロアイギリス巻ヘースティングズ城Hastingsイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュロップシャーの関連情報