コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジスプロシウム ジスプロシウムdysprosium

翻訳|dysprosium

6件 の用語解説(ジスプロシウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジスプロシウム
ジスプロシウム
dysprosium

元素記号 Dy ,原子番号 66,原子量 162.50。周期表3族,希土類元素ランタノイド元素の1つ。 1886年に L.ボアボードランが発見。天然にはガドリン石ゼノタイムサマルスキー石,その他の希土類元素鉱物中に少量含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジスプロシウム(dysprosium)

希土類元素ランタノイドの一。単体は展性に富んだ灰色の金属。元素記号Dy 原子番号66。原子量162.5。ディスプロシウム

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジスプロシウム

元素記号はDy。原子番号66,原子量162.500。融点1407℃。希土類元素の一つ。1886年ボアボードランが発見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジスプロシウム【dysprosium】

周期表元素記号=Dy 原子番号=66原子量=162.50±3地殻中の存在度=3.0ppm(41位)安定核種存在比 156Dy=0.0524%,158Dy=0.0902%,160Dy=2.294%,161Dy=18.88%,162Dy=25.53%,163Dy=24.97%,164Dy=28.18%融点=1407℃ 沸点=2600℃比重=8.56電子配置=[Xe]4f105d06s2 おもな酸化数=III周期表第III族に属する希土類元素の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ジスプロシウム【dysprosium】

ランタノイドの一。元素記号 Dy  原子番号66。原子量162.5。軟らかく展性に富んだ灰色の金属。大きな常磁性を示す。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジスプロシウム
じすぷろしうむ
dysprosium

周期表第3族希土類元素に属し、ランタノイド元素の一つ。1886年、フランスのボアボードランによって吸収スペクトルの測定で、ホルミウム化合物から発見され、得にくいという意味のギリシア語dysprositosにちなんで命名された。主要鉱物はユークセン石フェルグソン石、ガドリン石など。無水塩化物をアルゴン中で液状アルカリ金属で還元すると、銀白色の金属が得られる。空気中に室温で放置すると表面が酸化されるだけであるが、熱すると無色の酸化ジスプロシウム()になる。
 熱水、酸に水素を発して溶ける。普通、酸化数+の化合物をつくるが、ごくまれに+のものも知られる。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジスプロシウムの関連情報