コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョウビタキ ジョウビタキ Phoenicurus auroreus; Daurian redstart

3件 の用語解説(ジョウビタキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョウビタキ
ジョウビタキ
Phoenicurus auroreus; Daurian redstart

スズメ目ヒタキ科。全長 15cm。雌雄異色。雄は,頭上と後頸が暗灰色,顔と喉は黒く,胸以下の下面は赤褐色である。雌は全体に灰褐色。雌雄とも翼に顕著な白帯があり,尾羽は中央のものを除いて赤褐色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジョウビタキ

ヒタキ科の鳥。翼長7cm。翼は黒色で大きな白斑が目だつ。雄はのどや顔は黒く,腹面はだいだい褐色。シベリア南部,中国東北,朝鮮半島チベット南部等で繁殖し冬はやや南へ移動する。
→関連項目ヒタキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョウビタキ
じょうびたき / 常鶲
Daurian redstart
[学]Phoenicurus auroreus

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。いわゆる小形ツグミの1種で、日本ではおもに冬鳥であるが、ごく少数が北海道で繁殖している。ウスリー地方から中国南部にかけて、またバイカル湖周辺に繁殖分布し、冬は南下し、インド北部、インドシナ半島まで渡るものがある。全長約14センチメートル。雌雄異型で、雄は頭部が銀灰色、背は黒褐色、下面と尾は赤褐色。雌は上面が淡褐色で下面は淡い。雌雄ともに翼に白い斑紋(はんもん)があるので「紋付鳥(もんつきどり)」とよばれることがある。明るい林の樹洞などに巣をつくり、5~7個の卵を産む。冬も、明るい林や公園などにすみ、1羽ずつ縄張りをもち、ヒッヒッとよくとおる声で鳴き、また低い木の枝に胸を張って止まり、尾を振って頭を下げる独特の動作をする。昆虫食。ヨーロッパからバイカル湖西岸までは、翼の白斑がないほかはよく似たシロビタイジョウビタキP. phoenicurusが分布している。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョウビタキの関連キーワードコサメビタキ鮫鶲紅雀ジョウビタキ(常鶲)ノビタキ(野鶲)ヒタキ(鶲)モズヒタキルリビタキ(瑠璃鶲)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョウビタキの関連情報