コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョウビタキ ジョウビタキPhoenicurus auroreus; Daurian redstart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョウビタキ
Phoenicurus auroreus; Daurian redstart

スズメ目ヒタキ科。全長 13.5~15.5cm。雌雄異色。雄は頭上から後頸が灰色で,額と頭上側面が白い。基部から眼上を通って側頸までの線の喉側が黒く,胸以下の下面と上尾筒橙色。背,肩は黄褐色地に黒い斑が交じり,腰は橙色。雌は全体に灰褐色。雌雄ともに目立つ白斑があり,尾羽が中央のものを除いて赤褐色モンゴル北部からシベリア南部を回って,朝鮮半島中国東北部,チベット東部にかけて繁殖する。渡り鳥で,中国南部や日本,ミャンマーからインドシナ半島北部で越冬する。日本には全国に冬鳥として渡来し,疎林や農耕地,住宅地の生垣などで観察される。昆虫食だが,種子や漿果(→液果)も食べる。あまり人を恐れず,尾を上下に振りながら独特の声で「ひっひっ」となわばりを主張して鳴くので,存在がすぐにわかり,親しまれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジョウビタキ

ヒタキ科の鳥。翼長7cm。翼は黒色で大きな白斑が目だつ。雄はのどや顔は黒く,腹面はだいだい褐色。シベリア南部,中国東北,朝鮮半島,チベット南部等で繁殖し冬はやや南へ移動する。
→関連項目ヒタキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョウビタキ
じょうびたき / 常鶲
Daurian redstart
[学]Phoenicurus auroreus

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。いわゆる小形ツグミの1種で、日本ではおもに冬鳥であるが、ごく少数が北海道で繁殖している。ウスリー地方から中国南部にかけて、またバイカル湖周辺に繁殖分布し、冬は南下し、インド北部、インドシナ半島まで渡るものがある。全長約14センチメートル。雌雄異型で、雄は頭部が銀灰色、背は黒褐色、下面と尾は赤褐色。雌は上面が淡褐色で下面は淡い。雌雄ともに翼に白い斑紋(はんもん)があるので「紋付鳥(もんつきどり)」とよばれることがある。明るい林の樹洞などに巣をつくり、5~7個の卵を産む。冬も、明るい林や公園などにすみ、1羽ずつ縄張りをもち、ヒッヒッとよくとおる声で鳴き、また低い木の枝に胸を張って止まり、尾を振って頭を下げる独特の動作をする。昆虫食。ヨーロッパからバイカル湖西岸までは、翼の白斑がないほかはよく似たシロビタイジョウビタキP. phoenicurusが分布している。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジョウビタキの関連キーワード鶲・火焼尉鶲

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョウビタキの関連情報