コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョージタウン

世界大百科事典 第2版の解説

ジョージタウン【Georgetown】

南アメリカ北東部にあるガイアナの首都。人口は同国総人口の約3分の1に相当する24万8500(1992)。デメララ河口の南側に,川と並行して帯状の市街地が東西に約4km延び,満潮位よりも低いので,堤防で守られている。気候は熱帯地ながら海岸に面しているため,年平均気温は27℃,日中最高気温も31℃としのぎやすい。同国で唯一最大の都市であり,内陸部で産出されるボーキサイト,砂糖,ラム酒,金などの輸出港を兼ねている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ジョージタウン【Georgetown】

ガイアナ協同共和国の首都。大西洋に面する港湾都市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョージタウン

ピナン」のページをご覧ください。

ジョージタウン
Georgetown

アメリカ合衆国,サウスカロライナ州東部の都市。古くはスペイン人が開拓し,1700年頃イギリス人が入植した。現在は保養地。木材や水産物などの積出港。人口 9517 (1990) 。

ジョージタウン
Georgetown

南アメリカ北部,ガイアナの首都。大西洋に臨む港湾都市で,デメララ川河口右岸に位置する。 1781年イギリス人が入植し,時のイギリス国王ジョージ3世にちなんでジョージタウンと命名したが,まもなくフランス人に占領され,ロンシャン Longchampsと名づけられて町が建設された。 1784年オランダ領となり,スタブルーク Stabroekと改称。ナポレオン戦争中 1812年イギリス人が占領,旧称に復し,1831年以降イギリス領ギアナの首都,1966年独立とともにガイアナの首都となった。ガイアナの主要港として砂糖,米,熱帯果実,木材,ボーキサイト,金,ダイヤモンドなどを積み出す。市内には大規模な製糖工場がある。高潮時には海面下となる海岸低地に位置するため,市街は堤防によって海から守られ,多数の運河によって排水されている。かつては家屋の大部分が木造であったが,1945年,1951年の大火のあと,鉄筋コンクリートの建物が多くなった。ガイアナ大学 (1963) が郊外に所在。ガイアナの道路網は未発達であるが,市から沿岸および内陸へ道路が延びている。南郊に国際空港がある。人口 23万6900(2006)。

ジョージタウン
George Town

オーストラリア,タスマニア州北部,ローンセストンの北西 50kmの町。住民の多くは近くのベルベイのアルミニウム精錬所で働いている。人口 6921 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジョージタウンの関連キーワードニュー・アムステルダム(ガイアナ)ジョン・デービッド ポデスタペナンプラナカンマンションペナンのスリマリアマン寺院リタ・ロッシ コールウェルチョンファッツィマンションチャールズ ロソッティカピタンクリンモスクニューアムステルダムパトリック レーヒーレオナード ショッパマイケル スティールアーサー トラッピアジェリコ コムシッチセントジョージ大聖堂セントジョージ教会グランドケーマン島ガイアナ協同共和国グリン デービースジョン・B. ツー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョージタウンの関連情報