ジーンズ(英語表記)Jeans, Sir James Hopwood

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジーンズ
Jeans, Sir James Hopwood

[生]1877.9.11. ロンドン
[没]1946.9.16. ドーキング
イギリスの数学者,物理学者,天文学者。ケンブリッジのトリニティ・カレッジで学び,1905~09年プリンストン大学で,1904~05年および 1910~12年ケンブリッジ大学で応用数学を講じた。大学を退いてからは,ロイヤル・ソサエティの要職を占め,またアメリカ合衆国のウィルソン山天文台の研究員になるなど,研究と著述に専念した。多くの著作を通じて科学の啓蒙普及に寄与,1928年ナイトの称号を授与された。数学を天文学や物理学に適用して,渦状銀河の発達,太陽系起源熱放射現象などを論じ,1905年レイリー=ジーンズの放射式を導いた。また,「ジーンズ不安定性」と呼ばれる,天体の形成論に必須の自己重力による不安定性という概念を確立した。これにより,自己重力によって形成される天体の最小の大きさ(ジーンズ波長)や最小質量(ジーンズ質量)を,母体となる星間雲などの密度と温度によって計算することができる。

ジーンズ

ジーパン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジーンズ(James Hopwood Jeans)

[1877~1946]英国の天体物理学者宇宙の進化や星のエネルギー発生に新説を唱えた。また、熱放射電磁気学の理論的解明にも功績を上げた。著「電気および磁気の数学的理論」「我が周囲の宇宙」など。

ジーンズ(jeans)

細綾織りの丈夫な綿布。スポーツウエア・作業衣などに広く使われる。
ジーパン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジーンズ

英国の天文学者,物理学者。1910年ケンブリッジ大学教授。熱放射現象を研究し,レーリー・ジーンズの式を導いた(1905年)。太陽系の起源に関し潮汐(ちょうせき)説(1916年)を唱え,渦状星雲の性質と進化,連星の成因,巨星と矮星(わいせい)の問題等を研究。《われらをめぐる宇宙》等科学解説書も多い。

ジーンズ

厚地,細綾の綿織物,またそれで作られた衣服。丈夫なので作業服や遊び着にする。特にズボンの布地(インジゴで染めたブルー・ジーンズ)として知られる。ブルー・ジーンズは19世紀半ばアメリカのリーバイ・ストラウスが作り,広めた。日本では俗にジーパンと称する。
→関連項目インジゴカルバン・クラインリーバイス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

ジーンズ

ジェノバ(Genoa)▼イタリア北西部の港湾都市。ジェノバは中世フランス語で「Genes」、中世英語では「Jene」あるいは「Gene」で、この綴りが現代風になったのが「jean」。耐久力のある細綾織り綿布「ジーンズ」はここで製造され、外国へ輸出され、やがて、ジーンズ製のズボン、ジーパンの意となる。ちなみに、ジーンズとほとんど同義で用いられている「デニム(denim)」はフランス南部の都市ニーム(Nimes)に由来し、「ニームの」の意。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジーンズ【jeans】

細い綾織の綿布,またそれで作られた衣服のことをいう。中世にファスティアンと呼ばれる丈夫で目のつまった綿布が労働着などに用いられていたが,ジーンズはその一種で,イタリアのジェノバからイギリス,フランスにもたらされたのでジャニュアjanua(genoa)と呼ばれ,しだいにジーンズと呼ばれるようになった。カーペット,靴下,胴衣などに使用され,白やオリーブ色,またインジゴで染めたブルー・ジーンズがあった。ブルー・ジーンズは1850年ころ,カリフォルニアに金鉱探しにやってきたリーバイ・ストラウスがテントを染めて作業衣を作り,性,年齢,身分をこえた衣服として広めたといわれる。

ジーンズ【James Hopwood Jeans】

1877‐1946
イギリスの天文学者,物理学者。ロンドンの生れ。ケンブリッジ大学に学び,1901年同大学特別研究員となる。その後渡米し,05‐09年プリンストン大学教授,帰国後10‐12年ケンブリッジ大学教授を務めた。1904年気体分子運動論の基礎を論じた著作《The Dynamical Theory of Gases》を刊行し,教科書の範として好評を博し,翌年この理論を応用し,レーリーの熱放射のエネルギー分布式を再度古典論の立場から跡づけ補正した(レーリー=ジーンズの放射則)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ジーンズ【jeans】

細綾織りの丈夫な綿布。また、その布地で仕立てたズボンや洋服。 〔フランス drap de Gênes(ジェノバの布)から〕

ジーンズ【James Hopwood Jeans】

1877~1946) イギリスの天文学者・物理学者。太陽系の起源、星雲の形状・進化などの研究に業績を残す。また、熱放射現象における「レイリージーンズの放射法則」でも知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ジーンズ

〘名〙 (jeans)
① 細綾織のじょうぶな綿布。ふつう作業衣などに用いられ、紺色に染めたものが多い。ジーン。
※外務省告示第十一号‐明治三五年(1902)一〇月四日「輸入税目 品名〈略〉綿布類〈略〉ジーンス(生地又は晒白)」
② ①で作ったズボンや服。特にズボン(ジーパン)をさすこともある。〔おしゃれ案内(1956)〕

ジーンズ

(Sir James Hopwood Jeans サー=ジェームズ=ホプウッド━) イギリスの天文学者、物理学者。ケンブリッジ大学教授。「レーリー‐ジーンズの放射法則」を示す。天体力学的研究、電磁気の数理的理論の展開、星エネルギーの源泉などを論じ、宇宙進化論に関して独自の説を種々公表した。著に「気体の力学理論」「天文学と宇宙進化論」など。(一八七七‐一九四六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジーンズの関連情報