コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイバ

3件 の用語解説(スイバの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スイバ

スカンポとも。北半球の温帯に広く分布するタデ科の多年草。茎は直立し,高さ70cm内外。葉は長楕円形で先がとがり,上部のものは茎を抱き,根出葉は柄が長い。5〜6月に淡緑〜緑紫色の小さな花が円錐形に集まって咲く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スイバ【(common) sorrel】

茎葉にシュウ酸を含むため,酸味のあるタデ科多年草(イラスト)。和名は〈酸い葉〉を意味し,別名のスカンポもその転化であろう。子どもがときどき若芽を食べる。地下茎太く短く,多くの根を分岐する。根出葉は軟らかく,長楕円形で長さ5~10cm,葉柄をもち群がって生え,早春には紅紫色を帯びる。茎は円柱形で直立し,上部の葉は茎を抱き,高さ30~80cm,葉鞘(ようしよう)は膜質。雌雄異株で雌株の方が高く,花序の数も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スイバ
すいば / 酸葉
[学]Rumex acetosa L.

タデ科の多年草。スカンポともいわれる。根茎は太く、短い。茎は直立し、高さ50~80センチメートル、円柱形で紅紫色を帯びる。根出葉は有柄で長楕円(ちょうだえん)形、先は鈍く、基部は矢じり形。茎葉は互生し、広披針(こうひしん)形、基部は膜質の鞘(さや)状となって茎を抱く。雌雄異株。5~8月、長さ15~30センチメートルの円錐(えんすい)花序を頂生する。花被片(かひへん)は6枚、雌花の花被の外片3枚は下方へ反転し、内片3枚は円心形で花期後著しく大形となる。花柱は3本でそれぞれ糸状に細裂する。痩果(そうか)は三稜(さんりょう)形、黒褐色で光沢がある。湿った草地に多く生え、北海道から九州、および北半球の温帯に広く分布する。茎や葉にシュウ酸を含み、酸味がある。酸性土壌の指標植物として知られる。名は「酸き葉」の意味で、若芽を食用とする。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスイバの言及

【オキザリス】より

…カタバミ科カタバミOxalis(英名wood sorrel,sorrel。sorrelはギシギシ属Rumexもさす)は世界各地に約300種が広く分布する草本植物であるが,そのなかで花が大きく観賞用に栽培されるものが,オキザリスの名で呼ばれることが多い(イラスト)。…

※「スイバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スイバの関連情報