コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スツール stool

翻訳|stool

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スツール
stool

背もたれのない1人掛けの椅子。椅子のなかで最も古い形式に属し,脚部の形や使途によって各種の形式がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スツール(stool)

背もたれのない一人用のいす

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スツール

洋風家具の一つで日本の床几(しょうぎ)に相当し,背のない椅子(いす)をいう。木製で組手構造の普通床几,鏡台と組み合わせて作られた化粧用のスツール,6本脚の2人用フレンチスツール,座面を厚く張ったトルコ風のオスマンスツール,X形の脚に帆布を張ったキャンプスツール等,種類が多い。
→関連項目椅子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スツール【stool】

背もたれとひじ掛けのない実用的な腰掛け。3~4脚の脚をつけたものと,X脚のものに大きく分けられる。エジプトの古王国時代にはすでにこれらの基本形があった。ギリシア人はエジプトの形式を継承し,X脚の折畳み式のものは公的生活に,四脚式のものは家庭や学校などの日常生活に使用した。ローマ時代にもX脚の折畳み式は皇帝や執政官の公的な座具となり,家庭では四脚式のものが使われた。中世にはオーク材の座板と2枚の側板,それを貫(ぬき)で補強したものが食卓用の腰掛けとして用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

スツール【stool】

背もたれのない腰掛け。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

スツール【stool】

背もたれ・ひじ掛けのない1人用腰掛け。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スツール
すつーる
stool

背もたれや肘(ひじ)掛けのない形式の1人用の腰掛をいう。簡易な補助用の椅子(いす)、または装飾用の椅子の代用として使われる。しかし背もたれがないため、腰が疲れて長時間の使用には向かない。作業用として使うときは座面を高くし、ねこ背の姿勢にならないよう注意する必要がある。スツールは日本の床几(しょうぎ)にあたるものである。洋式便器をスツールとよぶこともある。[小原二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスツールの言及

【いす(椅子)】より

…英語のチェアchairは背もたれとひじ掛けを備えた座具のことで,17世紀ごろまで王侯・貴族や領主など社会的地位のある人たちが使う権威のいすを意味し,スツールなどの実用的な腰掛けとは明確に区別されてきた。いすは自己の権威を部族の人たちに誇示し,権力者として他より高い位置とふさわしい姿勢を保持するために生み出されたものと思われる。…

※「スツール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スツールの関連キーワードルー(Pierre Paul Émile Roux)シャルル・ジュール・アンリ ニコルジュール・J.B.V. ボルデアルバート カルメットガブリエル ベルトランマキシム シュワルツスワンネックフラスコSplashtopパスツール研究所A. ベスレドカ白鳥の首フラスコクラブトリー効果アンタナナリボスーパーの達人パスツール効果エミリー ルーシャルドンネパストゥールいす(椅子)オットマン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スツールの関連情報