コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティルプノメレン スティルプノメレン stilpnomelane

2件 の用語解説(スティルプノメレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スティルプノメレン
スティルプノメレン
stilpnomelane

(K,Ca)0~1(Fe,Mg,Al)7~8Si8O23~24(OH)4・2~4H2O 。結晶構造上は,滑石に関係ある鉄に富むケイ酸塩らしく,化学式は未確定。化学組成は鉄に富む緑泥石に似ているが,酸化鉄に富むものと三酸化二鉄に富むものとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スティルプノメレン
すてぃるぷのめれん
stilpnomelane

層状珪(けい)酸塩鉱物の一つで、ねじれた葉片状結晶の集合で産することが多い。外観は黒雲母(くろうんも)によく似ているため、肉眼での両者の区別はむずかしい。結晶片岩を構成する鉱物の一つとして多量に産する。緑簾(りょくれん)石、緑泥(りょくでい)石、石英などを伴うほか、しばしば磁鉄鉱、赤鉄鉱、黄鉄鉱からなる層状鉄鉱床中にもみられる。また変成層状マンガン鉱床からはマンガンに富むものが産する。そのほか、スカルンから方解石、灰鉄ざくろ石などに伴って産する。日本では埼玉県長瀞(ながとろ)町付近、徳島県三好(みよし)市山城町小歩危(こぼけ)付近にりっぱなスティルプノメレン片岩がみられ、黒白の縞(しま)模様が美しい。そのため俗に虎岩(とらいわ)などといわれる。緑色系統のものは第一鉄を多く含み、褐色系統のものは第二鉄を多く含む。名称は、黒く輝くという意味のギリシア語に由来する。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スティルプノメレンの関連キーワードエンスタタイト斜方輝石透輝石バーミキュライトアクチノセン石(アクチノ閃石)オージャイト角セン石(角閃石)カミングトンセン石(カミングトン閃石)スチルプノメレーンピジョン輝石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone