コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティルプノメレン stilpnomelane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スティルプノメレン
stilpnomelane

(K,Ca)0~1(Fe,Mg,Al)7~8Si8O23~24(OH)4・2~4H2O 。結晶構造上は,滑石に関係ある鉄に富むケイ酸塩らしく,化学式は未確定。化学組成は鉄に富む緑泥石に似ているが,酸化鉄に富むものと三酸化二鉄に富むものとがある。光学的性質は黒雲母とよく似ている。鉄鉱床に伴う鉱物として古くから知られていた。アメリカのスペリオル湖地方のわずかに変成した鉄鉱層では,主要な含鉄ケイ酸塩鉱物である。緑色片岩相藍閃石片岩相に属する低温の変成岩中にかなり普遍的に出現する。有名な埼玉県秩父郡長瀞の虎岩のトラの皮様の黒い縞の部分はスティルプノメレンである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スティルプノメレン
すてぃるぷのめれん
stilpnomelane

層状珪(けい)酸塩鉱物の一つで、ねじれた葉片状結晶の集合で産することが多い。外観は黒雲母(くろうんも)によく似ているため、肉眼での両者の区別はむずかしい。結晶片岩を構成する鉱物の一つとして多量に産する。緑簾(りょくれん)石、緑泥(りょくでい)石、石英などを伴うほか、しばしば磁鉄鉱、赤鉄鉱、黄鉄鉱からなる層状鉄鉱床中にもみられる。また変成層状マンガン鉱床からはマンガンに富むものが産する。そのほか、スカルンから方解石、灰鉄ざくろ石などに伴って産する。日本では埼玉県長瀞(ながとろ)町付近、徳島県三好(みよし)市山城町小歩危(こぼけ)付近にりっぱなスティルプノメレン片岩がみられ、黒白の縞(しま)模様が美しい。そのため俗に虎岩(とらいわ)などといわれる。緑色系統のものは第一鉄を多く含み、褐色系統のものは第二鉄を多く含む。名称は、黒く輝くという意味のギリシア語に由来する。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スティルプノメレンの関連キーワードスティルプノメレン(データノート)藍閃石片岩

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android