コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパランツァーニ スパランツァーニ Lazzaro Spallanzani

5件 の用語解説(スパランツァーニの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スパランツァーニ(Lazzaro Spallanzani)

[1729~1799]イタリアの博物学者。生物学に実験的な方法を導入、微生物自然発生を実験により否定した。胃液や皮膚呼吸などの研究においても、すぐれた業績を残した。主著「動物および植物の自然学」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スパランツァーニ

イタリアの博物学者。ボローニャ大学で自然学を研究。1769年以降はパビア大学教授。巧妙な実験によって,自然発生説を否定したほか,胃液の研究,受精や再生の実験等多くの分野で実験を用いた先駆的研究を行った。
→関連項目人工授精

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スパランツァーニ【Lazzaro Spallanzani】

1729‐99
イタリアの生物学者。スカンディアーノに生まれた。神学校を経て,レッジョ大学,モデナ大学で物理学,哲学などを講じたあと,パビア大学の自然史学教授。J.T.ニーダムらの自然発生説に反対し,巧妙な実験技術を駆使して自然発生否定実験を行った。また発生学の分野においては,後成説に反対して前成説の側に立った。ほかに血液循環シビレエイの発電に関する生理学的研究など多くの分野ですぐれた実験的研究をすすめ,19世紀の実験生物学の先駆となったが,進化論などの自然観にかかわる問題に関しては,保守的で機械論的,固定的な見解をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

スパランツァーニ【Lazzaro Spallanzani】

1729~1799) イタリアの博物学者。生物学の諸分野に実験的方法を導入した先駆者。特に、生物の自然発生を否定する実験は有名。血液循環の機構、消化における胃液の役割、皮膚呼吸の解明などすぐれた実験的研究を行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スパランツァーニ
すぱらんつぁーに
Lazzaro Spallanzani
(1729―1799)

イタリアの生物学者。スカンディアノに生まれる。ボローニャ大学で法律を修め、のちに自然科学に転じた。レギオ、モデナ、パビア各大学で、物理学、哲学、自然科学などの教授となった。動物学に実験的方法を導入したことで有名である。オタマジャクシサンショウウオの足や尾で再生がおこることを観察し、また肉汁を加熱して容器の首を密封すれば微生物が発生しないことを実験的に証明して、自然発生説を否定する先駆けとなった。彼は発生学では前成説の立場にたち、精液中に存在して卵の中にある胚(はい)の成長を刺激する物質の性質を明らかにしようと種々の実験を行った。とくに、精液を濾過(ろか)すると受精能力が失われることから、精液中の臭気が受精に必要であるという従来の考えを否定した。また、両生類、カイコ、イヌで人工受精に成功した。そのほか、脳、筋肉、肝臓、皮膚などにおける組織呼吸(細胞呼吸)、消化における胃液の役割、心臓の作用など、生理学的研究にも広範な活動を示した。主著に『動物および植物の自然学』Opuscoli di fisica animale e vegetabile(1780)がある。[八杉貞雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスパランツァーニの言及

【自然発生説】より

… 18世紀に入ると自然発生に関する論争が再び起こった。ニーダムJ.T.Needham(1713‐81)は,当時新たに顕微鏡で発見された微生物の領域で自然発生があることを示す実験を提示し,それに反対するL.スパランツァーニと激しく論争した。この論争は,発生学における前成説と後成説の論争や生物種の固定説対可変説という対立にも結びついていた。…

【消化】より

…R.A.F.deレオミュールは金属製の籠に肉片や骨片をいれてトビに飲みこませ,破砕作用がなくても消化が起こることを実証した(1752)。大実験家L.スパランツァーニはこの方法を多種類の動物に広げ,自分自身も木製の小管を飲んで実験した。さらに動物にカイメンを飲ませて胃液を得て,生体外で消化を観察した。…

【人工授精】より

…人工授精技術の内容は,家畜・家禽(かきん)類と人類とでは基本的には同一であるが,その目的とするところは大きく異なっている。
【家畜の人工授精】
 哺乳類を対象として,人為的に雄から精液を採取し,雌に注入して,受胎,分娩させることに初めて成功したのは,イタリアの生物学者L.スパランツァーニである。1780年に彼は30頭の雌イヌに試みて18頭の子イヌを得た。…

【生物学】より

…顕微鏡による観察ではR.フックの《ミクログラフィア》(1665)があり,A.vanレーウェンフックの活動も17世紀後半であった。 18世紀になると,後生説をとなえたC.F.ウォルフ,多能の実験家であったL.スパランツァーニ,前生説論者でアリマキの単為生殖を見いだしたC.ボネなど,発生学の研究が目だつようになる。A.トランブレーがヒドラの再生実験を行って,動植物の区別について議論を引き起こしたのも,またリンネが種の固定不変を信じながら,現実にみる種の可変性に悩まされたのも,18世紀のただ中のことであった。…

※「スパランツァーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スパランツァーニの関連キーワードイタリアン上野益三微生物学タスカン帽トスカネッリイタリアのハロルドイタリア料理の日マリアの生涯柴谷篤弘津田松苗

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone