スペクトル型(天文)(読み)スペクトルがた

百科事典マイペディアの解説

スペクトル型(天文)【スペクトルがた】

恒星の光をスペクトル分析し,線の種類や強さによって分類したもの。温度の高いほうから順に並べると(図)となる。O,B,Aで青白色,Gで黄色,M,N,Sで赤色と順に変化する。各型は0〜9の数字(Oだけは5〜9)を添えさらに細分する。
→関連項目恒星分光視差ヘルツシュプルング=ラッセル図

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android