コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペクトル型(天文) スペクトルがた

1件 の用語解説(スペクトル型(天文)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スペクトル型(天文)【スペクトルがた】

恒星の光をスペクトル分析し,線の種類や強さによって分類したもの。温度の高いほうから順に並べると(図)となる。O,B,Aで青白色,Gで黄色,M,N,Sで赤色と順に変化する。
→関連項目恒星分光視差ヘルツシュプルング=ラッセル図

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

スペクトル型(天文)の関連キーワード原子スペクトル質量スペクトルスペクトル型発光スペクトル分子スペクトルスペクトル分析火花スペクトル炎光スペクトル蛍光スペクトル発光スペクトル分析

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone