コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリランカ美術 スリランカびじゅつ

2件 の用語解説(スリランカ美術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリランカ美術
スリランカびじゅつ

古来スリランカ (セイロン) で展開した仏教を中心とする美術。美術関連の遺跡は古都アヌラーダプラと中世の都ポロンナールワに集中している。アヌラーダプラにはトゥーパーラーマ・ダーガバ (前3世紀) をはじめ数多くの仏塔が建造された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スリランカびじゅつ【スリランカ美術】

スリランカの美術は前3世紀の仏教伝来とともに始まり,インド美術の伝統を受け継ぎつつ独自の展開を遂げ,東南アジアの美術に影響を及ぼした。全時代を通じて仏教美術が優勢であり,中世以降南インドからの移住民によりヒンドゥー教美術も行われた。造形活動の中心地は前4世紀から1000年以上首都であったアヌラーダプラ,それに続いて12世紀を中心に繁栄したポロンナルワであり,遺構もそれらの周辺に多い。
[建築]
 建築は仏教やヒンドゥー教宗教建築のほかに,王宮などの世俗建築もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スリランカ美術の関連キーワードインド美術スリランカ南方仏教マハーバンサスリランカ内戦スリランカの愛と別れスリランカの内戦タムルク仏歯祭スリランカ中央高原

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone