コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリランカ美術 スリランカびじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スリランカ美術
スリランカびじゅつ

古来スリランカ (セイロン) で展開した仏教を中心とする美術。美術関連の遺跡は古都アヌラーダプラと中世の都ポロンナールワに集中している。アヌラーダプラにはトゥーパーラーマ・ダーガバ (前3世紀) をはじめ数多くの仏塔が建造された。仏塔はスリランカではダーガバと呼ばれ,煉瓦造りでインドの仏塔を模し,ルアンベリ塔 (前1世紀) のように規模の大きい仏塔も多数建造された。しかし古い形を維持する仏塔は少なく,後世しばしば修復を受けている。初期の彫像はサータバハナ朝のアマラーバティーの影響を受けている。遺品はルアンベリ塔前の仏立像,コロンボ博物館蔵の仏頭,仏坐像,マハーセーナ寺院半円石浮彫,パッラバ朝様式をもつイスルムニヤ寺院岩石浮彫など。ポロンナールワの遺跡の大半はパラクラマバーフ1世時代 (12世紀) のもので,ガル・ビハーラの巨大な涅槃像と王自身の立像と伝えられるものが名高い。絵画遺品としてはカッサパ王 (在位 478~496頃) の城塞に残るシーギリヤ壁画が貴重な作品である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スリランカびじゅつ【スリランカ美術】

スリランカの美術は前3世紀の仏教伝来とともに始まり,インド美術の伝統を受け継ぎつつ独自の展開を遂げ,東南アジアの美術に影響を及ぼした。全時代を通じて仏教美術が優勢であり,中世以降南インドからの移住民によりヒンドゥー教美術も行われた。造形活動の中心地は前4世紀から1000年以上首都であったアヌラーダプラ,それに続いて12世紀を中心に繁栄したポロンナルワであり,遺構もそれらの周辺に多い。
[建築]
 建築は仏教やヒンドゥー教の宗教建築のほかに,王宮などの世俗建築もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スリランカ美術の関連キーワードパラクラマバーフ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android