コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパー堤防 スーパーていぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーパー堤防
スーパーていぼう

水量の著しい増大,越水長時間浸透,地震などに対しても破堤しない幅の広い高規格堤防のこと。上部に公園や緑地建築物建設など通常の土地利用が可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スーパー堤防

国交省が1980年代に整備を始め、首都圏近畿圏の6河川で873キロ造る計画だったが、民主党政権の事業仕分けで「完成までに400年、12兆円かかり無駄」と批判され、「いったん廃止」となった。11年に5河川120キロに縮小された。このうち昨年度末までにできたのは、部分的完成を含めて12キロ。事業再開後の13年度に北小岩1丁目など2カ所が新たな着工区間に選ばれたが、その後、新規の着工はない。江戸川区内では江戸川、荒川の約20キロで計画があり、これまでに2カ所で計2.5キロできている。

(2016-03-21 朝日新聞 朝刊 東京四域・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

スーパー‐ていぼう〔‐テイバウ〕【スーパー堤防】

《「高規格堤防」の通称》堤防の街側がなだらかな斜面となっている幅の広い堤防。高さに対して約30倍の幅があるため、水が堤防を越えても、斜面を緩やかに流れ、被害を最小限に抑えることができる。堤防の高さが10メートルの場合、街側におよそ300メートルにわたって盛り土をするが、通常の堤防と違い、スーパー堤防上の区域は通常の土地と同じように利用できる。→スーパー堤防事業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スーパーていぼう【スーパー堤防】

堤防の上部の幅を50メートルから100メートルと広くとって、水があふれたときの安全性を高めるとともに水辺を有効に利用できる高規格の堤防。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーパー堤防
すーぱーていぼう

高さの約30倍の幅に盛り土した堤防の通称。たとえば高さ10メートルの堤防であれば幅はおよそ300メートルとし、緩やかな勾配(こうばい)のついた堤防の上に街や住宅を再建設して、地域ごと堤防にしてしまう構想である。正式名称は「高規格堤防」。川に面した部分だけを高くする通常の堤防と異なり、堤防が街や住宅地に向けて長くなだらかな傾斜となっており、大規模な洪水や川の氾濫(はんらん)などで水位が堤防の高さを越えても、水の流れが緩やかで住宅などが押し流される危険が少ないとされている。しかし、膨大な予算と100年単位の長期工事が必要で、むだな公共工事の典型例として批判されることが多い。また、東京都江戸川区の住民が事業計画の取消しを求めた訴訟を起こすなど、反対運動の対象にもなっている。
 建設省(現、国土交通省)が1987年度(昭和62)から事業を開始。人口が密集したゼロメートル地帯で堤防決壊時に大きな被害が出ると予想される首都圏や関西の6河川(利根(とね)川、江戸川、荒川、多摩川、淀(よど)川、大和(やまと)川)の流域約873キロメートルを対象として整備に着手した。事業開始後、住民はいったん退去して仮住まいに4、5年住み、盛り土と宅地造成が終了してから、街の整備や新居の建設にとりかかる。民主党政権による「事業仕分け」で、2010年(平成22)にいったん廃止と判定されたが、2011年の東日本大震災後に、整備区域を流域約120キロメートルに縮小して事業継続することが決まった。なお国土交通省は当初、完成または整備中の区域は約50キロメートルであるとしていたが、2012年公表の会計検査院調査では約9キロメートルにすぎないと報告されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スーパー堤防の関連キーワード高規格堤防整備事業安全性国交省隅田川水量水辺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android