ズルチン(英語表記)dulcin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズルチン
dulcin

第2次世界大戦後用いられた人工甘味料の一つ。ショ糖の 200倍の甘味がある。ただし日本の食品衛生法では 1968年以降ズルチンは食品添加物としては禁止されている。一般にフェネケジンか尿素のいずれかを鉱酸塩とし,水溶液を長時間加熱するか,加圧器の中で 160℃に加熱して合成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ズルチン

p‐エトキシフェニル尿素を主体とした人工甘味料。分子式C2H5OC6H4NHCONH2。融点174.5〜176.5℃。ショ糖の約300倍の甘味をもつが,発癌性などにより1968年使用が禁止された。
→関連項目合成甘味料

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ズルチン【dulcin】

合成甘味料の一種で,パラエトキシフェニル尿素p‐ethoxyphenyl‐ureaとも呼ばれる。ショ糖の約200~300倍の甘みを有するが,動物実験により発癌性がはっきりしたので,日本では1968年に使用が禁止された。合成法が容易であり,しかも安価であったことから,日本においては第2次大戦後の砂糖不足の時代に,甘味源として大きい役割をはたした。合成甘味料【田島 真】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ズルチン【Dulzin】

人工甘味料。無色の針状結晶または結晶状粉末。スクロース(ショ糖)の250倍の甘さがある。肝臓障害を起こすなどの理由から、現在は使用禁止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズルチン
ずるちん
dulcin

尿素の誘導体。スクロール、p(パラ)-エトキシフェニル尿素ともよばれる。1883年にドイツのベルリナーブラウが発見した化合物。p-フェネチジンにホスゲン、続いてアンモニアを作用させて合成する。無色の針状結晶。冷水にはわずかに溶けるが、熱水には溶けやすい。エタノール(エチルアルコール)にもかなり溶ける。
 ズルチンは甘味が強く、ショ糖の200~300倍もの甘さがある。第二次世界大戦後の食糧難時代に人工甘味料として使われたことがあった。日本では食品添加物として1948年(昭和23)に許可されたが、発癌(がん)性などの毒性が強いことから、67年には佃煮(つくだに)、漬物などの10品目に限り制限付きで使用が認められたものの、その後69年には全面使用禁止になった。[務台 潔・河野友美・山口米子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のズルチンの言及

【合成甘味料】より

…化学構造と甘味との関係は古くから研究されているが,アルデヒド基-CHO,オキシム基-CH=NOH,ハロゲン基,アミノ基-NH2,スルホ基-SO3H,トリアジン核,スルホアミノ基-SO2NH2,水酸基-OHをもった化合物がおおむね甘味が強い。しかし,現在までに開発された合成甘味料はサッカリン,ズルチン,チクロ(サイクラミン酸ナトリウム),アスパルテームなど数少ない。さらに,ズルチンとチクロはその安全性に疑いが生じ,それぞれ1968年,69年に日本では使用が禁止されている。…

※「ズルチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ズルチンの関連情報