コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズーダーマン ズーダーマン Sudermann, Hermann

6件 の用語解説(ズーダーマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ズーダーマン
ズーダーマン
Sudermann, Hermann

[生]1857.9.30. マッチケン
[没]1928.11.21. ベルリン
ドイツの劇作家,小説家。苦学して大学を卒業。ジャーナリズムに関係,処女作の小説『憂愁夫人』 Frau Sorge (1887) で認められた。これは教養小説であるとともに,東プロシアの農民生活を描いた郷土文学でもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ズーダーマン(Hermann Sudermann)

[1857~1928]ドイツの劇作家・小説家。自然主義の代表作家。戯曲「名誉」「故郷」、小説「憂愁夫人」「猫橋」など。ズーデルマン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ズーダーマン

ドイツの自然主義作家,劇作家。小説家として人気があった。生地東プロイセンの農村を舞台に没落地主の子のおいたちを描いた小説《憂愁夫人》(1887年)は有名。ほかに《リュタウエン物語》,戯曲《故郷》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ズーダーマン【Hermann Sudermann】

1857‐1928
ドイツ自然主義の劇作家,小説家。デュマフィスサルドゥーらのフランス風俗劇の影響に基づく社会劇《名誉》(1889),《故郷》(1893)などを書いて,市民社会の道徳的退廃を批判し,ハウプトマンと並び称された。故郷の地方作家としての素顔を示す小説は,東プロイセンの素朴な民衆生活を造形力豊かに描いている。処女作《憂愁夫人》(1887)は現代の発展小説,郷土文学に強い刺激を与えた。【石丸 昭二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ズーダーマン【Hermann Sudermann】

1857~1928) ドイツの小説家・劇作家。自然主義の代表的作家。小説「憂愁夫人」「猫橋」、戯曲「名誉」「故郷」「片隅の幸福」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ズーダーマン
ずーだーまん
Hermann Sudermann
(1857―1928)

ドイツの作家。東プロイセンのハイデクルーク近郊でビール醸造業者の子として生まれる。父の事業の失敗後、苦学してベルリンなどの大学で学び、ジャーナリストとなる。1887年、処女作『憂愁夫人』で作家としてデビューしたが、彼の名を一躍高めたのは、89年ベルリンで「自由劇場」がハウプトマンの『日の出前』に続いて上演したドラマ『名誉』であった。この成功でシラーをもしのぐ劇作家として、ハウプトマンと並び自然主義を代表する作家と称せられた。以後、芸術家の悲劇を描いた『ソドムの末路』(1891)、1912年日本でも島村抱月(ほうげつ)・松井須磨子(すまこ)の芸術座により上演された『故郷』(1893)、さらに喜劇『蝶々(ちょうちょう)合戦』(1895)など次々にドラマを発表したが、ズーダーマンは本来イプセンの系譜に属する自然主義作家ではない。彼のドラマは、イフラント、コッツェブーなどの市民劇形式に、デュマ(父)、サルドゥーにみられるフランス対話劇の会話を取り入れ、新旧時代の転換期における時事問題を自然主義的手法で表した「舞台芸術の名人芸」を示すものであった。彼の芝居は一時期大衆の喝采(かっさい)を博したが、作家としての本領はフォンターネの作風を受け継ぎ、早くもトーマス・マンの心理的描写法やフレンセン、リーンハルトの郷土文学の特徴をうかがわせる小説にあった。作品としては『猫橋(ねこばし)』(1889)、『気の狂った教授』(1926)、故郷の風土と生活を自然主義的手法で描いた『リタウエン作品集』(1917)などがある。[谷口 泰]
『生田春月訳『猫橋』(創元文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ズーダーマンの関連キーワードアンツェングルーバーウェデキントシュミットボンハウプトマンハルベルートウィヒアレキサンドル・デュマデュマ[子]フーイエ《自然主義の克服》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone