コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名誉 メイヨ

5件 の用語解説(名誉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めい‐よ【名誉】

[名・形動]
能力や行為について、すぐれた評価を得ていること。また、そのさま。「―ある地位」「―な賞」
社会的に認められている、その個人または集団の人格的価値。体面。面目。「―を回復する」「―を傷つける」
身分や職名を表す語に付けて、その人の功労をたたえて贈る称号とするもの。「―会長」
有名であること。評判が高いこと。また、そのさま。よいことにも悪いことにもいう。
「かくれなき強盗―の大剛の者にて候」〈古活字本平治・中〉
珍しいこと。また、そのさま。不思議。
「駿河の二郎は、―なことの、夏冬なしにふんどし嫌ひ」〈浮・諸国ばなし・一〉
[副]どういうわけか。不思議に。
「ここにて―悪心変はりて」〈浮・置土産・一〉
[補説]作品名別項。→名誉

めい‐よう【名誉】

《「めいよ(名誉)」の音変化。のちに「面妖」とも当てて書く》
[名・形動ナリ]めいよ(名誉)5」に同じ。
「いづれも―の船なるが」〈伽・御曹子島渡〉
[副]めいよ(名誉)」に同じ。
「―、今の通は下戸(げこ)さ」〈洒・通言総籬

めいよ【名誉】[戯曲]

《原題、〈ドイツDie Ehreズーダーマンの戯曲。1889年、ベルリンにて自由劇場が初演、大成功をおさめた出世作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

めいよ【名誉】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
すぐれている、価値があると認められる・こと(さま)。ほまれ。 「一家の-」 「 -に思う」 「受賞を-なことと思う」 「 -ある賞」
すぐれていると認められて得た尊厳。体面。面目。 「 -を保つ」 「 -を傷つける」
功績をたたえて与えられる称号。身分などを表す名詞に付けて用いる。 「 -会長」 「 -市民」
有名であること。名高いこと。善悪ともにいう。 「三塔-の悪僧/太平記 8
すぐれていること。上手なこと。また、そのさま。 「さても-の香ききかな/浮世草子・一代男 5
不思議である・こと(さま)。奇妙。めいよう。 「只今迄たしかに十両見えしに。-の事ぞかし/浮世草子・諸国はなし 1」 「これは-な、下に穴があいて有る/歌舞伎・壬生大念仏」
( 副 )
不思議に。どういうわけか。 「 -お客へ無心をおつしやれぬ太夫さまぢや/浮世草子・禁短気」

めいよう【名誉】

〔「めいよ(名誉)」の転〕
( 名 ・形動 )
不思議である・こと(さま)。奇妙。 「はて-な、ごめんだ〱、もう酒はいやぢやわいなう/洒落本・通気粋語伝」
( 副 )
不思議に。変に。 「『ゑんさんが酒をのまつしやらねえは、玉にきずだよ』『-、今の通は下戸さ』/洒落本・通言総籬」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名誉の関連キーワード責任能力追完厳つ限定能力仕業責任感補助人器量新幹線特例法のめ・す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名誉の関連情報