コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名誉 メイヨ

デジタル大辞泉の解説

めい‐よ【名誉】

[名・形動]
能力や行為について、すぐれた評価を得ていること。また、そのさま。「名誉ある地位」「名誉な賞」
社会的に認められている、その個人または集団の人格的価値。体面。面目。「名誉を回復する」「名誉を傷つける」「名誉挽回」
身分や職名を表す語に付けて、その人の功労をたたえて贈る称号とするもの。「名誉会長」
有名であること。評判が高いこと。また、そのさま。よいことにも悪いことにもいう。
「かくれなき強盗―の大剛の者にて候」〈古活字本平治・中〉
珍しいこと。また、そのさま。不思議。
「駿河の二郎は、―なことの、夏冬なしにふんどし嫌ひ」〈浮・諸国ばなし・一〉
[副]どういうわけか。不思議に。
「ここにて―悪心変はりて」〈浮・置土産・一〉
[補説]作品名別項。→名誉

めい‐よう【名誉】

《「めいよ(名誉)」の音変化。のちに「面妖」とも当てて書く》
[名・形動ナリ]めいよ(名誉)5」に同じ。
「いづれも―の船なるが」〈伽・御曹子島渡〉
[副]めいよ(名誉)」に同じ。
「―、今の通は下戸(げこ)さ」〈洒・通言総籬

めいよ【名誉】[戯曲]

《原題、〈ドイツ〉Die Ehreズーダーマンの戯曲。1889年、ベルリンにて自由劇場が初演、大成功をおさめた出世作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいよ【名誉】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
すぐれている、価値があると認められる・こと(さま)。ほまれ。 「一家の-」 「 -に思う」 「受賞を-なことと思う」 「 -ある賞」
すぐれていると認められて得た尊厳。体面。面目。 「 -を保つ」 「 -を傷つける」
功績をたたえて与えられる称号。身分などを表す名詞に付けて用いる。 「 -会長」 「 -市民」
有名であること。名高いこと。善悪ともにいう。 「三塔-の悪僧/太平記 8
すぐれていること。上手なこと。また、そのさま。 「さても-の香ききかな/浮世草子・一代男 5
不思議である・こと(さま)。奇妙。めいよう。 「只今迄たしかに十両見えしに。-の事ぞかし/浮世草子・諸国はなし 1」 「これは-な、下に穴があいて有る/歌舞伎・壬生大念仏」
( 副 )
不思議に。どういうわけか。 「 -お客へ無心をおつしやれぬ太夫さまぢや/浮世草子・禁短気」

めいよう【名誉】

〔「めいよ(名誉)」の転〕
( 名 ・形動 )
不思議である・こと(さま)。奇妙。 「はて-な、ごめんだ〱、もう酒はいやぢやわいなう/洒落本・通気粋語伝」
( 副 )
不思議に。変に。 「『ゑんさんが酒をのまつしやらねえは、玉にきずだよ』『-、今の通は下戸さ』/洒落本・通言総籬」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

名誉の関連キーワードらい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日Professor Emeritusドリス・リバシィー レイノルズイギリス革命(名誉革命)得を取るより名を取れ清水 辰次郎イギリス革命世良 晃志郎面目を施す岡林 千枝黒川 利雄笹川 良一名を惜しむ岡見 温彦位牌を汚す御曹子島渡名は実の賓名誉挽回浮世草子体を張る

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名誉の関連情報