コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セグロセキレイ Motacilla grandis; Japanese wagtail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セグロセキレイ
Motacilla grandis; Japanese wagtail

スズメ目セキレイ科。全長 20~22cm。黒白模様のセキレイの仲間。日本固有種と考えられているが,中国北部,朝鮮半島オホーツク海沿岸域などでも繁殖記録がある。額と眉斑,喉,腮(さい。あご),腹が白く,頭部のほかの部分と胸,背,肩は黒い。風切羽の先端部位が白く,基部雨覆羽大部分が白い。尾羽は両端が白く,ほかは黒い。羽色の黒と白の範囲は個体によって多少の変化がある。留鳥で,おもに山間の渓流沿いや水辺が近い農耕地,中流以上の河原,湖畔などに生息する。河原の石の下や土手のくぼみ,人家の軒下などに巣をつくる。冬季には平地や海岸地方でも見られる。キセキレイハクセキレイの澄んだ鳴き声とは異なり,「じーん,じーん」と濁った声で鳴くので,すぐに区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

セグロセキレイ

セキレイ科の鳥。翼長9.3cm。頭部から胸,体の上面が黒く,眉斑とのど,腹は白い。日本列島の固有種。川原など水辺に生息し,水生昆虫をおもに食べる。建物の屋根や柱のすき間,石垣などに営巣する。
→関連項目セキレイ(鶺鴒)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セグロセキレイ
せぐろせきれい / 背黒鶺鴒
Japanese wagtail
[学]Motacilla grandis

鳥綱スズメ目セキレイ科の鳥。同科セキレイ属10種中の1種。全長約21センチメートル。頭頂部から背面および胸部は黒色、前頭および腹部は白色。ことに眼先(めさき)、頬(ほお)が黒く、前頭部に続く白色の眉斑(びはん)が顕著である。日本の北海道以南の各地に留鳥として普通に繁殖する。[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セグロセキレイの関連キーワードセキレイ(鶺鴒)鶺鴒

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android