コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セロトニン セロトニン serotonin

翻訳|serotonin

7件 の用語解説(セロトニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セロトニン
セロトニン
serotonin

血清から分離されるトリプトファン代謝産物の一種。強い血管収縮作用があり,血液凝固に際し血小板から放出される。生理活性アミンの一つで,生理学的役割は明らかでないが,平滑筋収縮や分泌促進に関係している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セロトニン(serotonin)

5-ヒドロキシトリプタミン。脳・松果体・腸のクロマフィン細胞でトリプトファンから合成、分泌される。神経伝達物質の候補。血小板に含まれるものは血管を収縮する働きがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セロトニン

5-ヒドロキシトリプタミンとも。トリプトファンの代謝産物。哺乳(ほにゅう)類の血小板,血清,胃粘膜,頭足類の唾液(だえき)腺などに含まれ,血管・平滑筋収縮の作用をもつ。
→関連項目抗鬱剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

セロトニン

 C10H12N2O (mw176.22).

 5-ヒドロキシトリプタミン.中枢神経伝達物質

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セロトニン【serotonin】

代表的インドールアミンの誘導体である5‐ヒドロキシトリプタミンをいう。トリプトファンの代謝産物で,トリプトファンから5‐ヒドロキシトリプトファンを経て合成される。ウシの血清などから分離される。動物に広く分布しており大脳,視床下部,脾臓,胃,腸,血小板などに多く含まれている。強い血管収縮作用があり血小板のものは止血に役だっている。脳神経ではシナプス小胞内に高濃度含まれており,神経伝達物質の一つと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

セロトニン【serotonin】

生理活性アミンの一。生体内でトリプトファンから合成され、脳・脾臓・胃腸・血清中に多く含まれる。脳の神経伝達などに作用するとともに、精神を安定させる作用もある。 5 -ヒドロキシトリプタミン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セロトニン
せろとにん
serotonin

必須アミノ酸のトリプトファンが体内で代謝される過程で生合成される化学(神経)伝達物質。哺乳(ほにゅう)動物では、血小板中や小腸粘膜および脳神経系に存在する。多くは小腸粘膜にある腸クロム親和性細胞(EC:enterochromaffin cell)に存在し、腸の蠕動(ぜんどう)運動をはじめ消化管の働きにかかわる。消化管でセロトニンが過剰に分泌されると下痢に、不足すれば便秘となり、こうした便通異常のほか腹痛や腹部の不快感を伴う過敏性腸症候群の症状にも関与する。血中のセロトニンは血小板に取り込まれて体内をめぐり、血液を凝固させ血小板血栓を形成する血液凝固作用(止血作用)や血管収縮作用などを示す。血管収縮作用に関して、脳血管が収縮したのち拡張すると片頭痛がおこるともされるが、片頭痛の原因には諸説が多い。
 脳神経系に存在するセロトニンは、うつの原因ともされるドーパミン不足の調節に関与し、心身を安定させるように働く。したがって、ストレスなどが原因でセロトニン不足が生じると精神の安定が保てず、うつ病や不眠症などになる。また、睡眠のほか、生体リズムや体温調節などにもかかわっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のセロトニンの言及

【痛み】より

…極端な熱(45℃以上),寒冷(15℃以下),過度の機械的刺激,刺激性のある化学物質などである。炎症のときにみられる表面痛は,局所に産生されるブラジキニンbradykinin,セロトニンなどの発痛物質によるもので,これらの発痛物質による痛みに関与する末梢神経繊維は,ポリモダル侵害受容繊維とよばれるC繊維である。炎症があると,これらの発痛物質のほか,プロスタグランジンE2とプロスタグランジンI2も局所に産生される。…

【LSD】より

…さらに,他の化学物質でそれを弱めることもできるはずだということから,52年に精神病の薬物療法が登場するきっかけとなった。LSDが脳内神経刺激伝達物質であるセロトニンの作用を抑えることがわかってから,LSD‐25の発見は精神薬理学の発達をも促し,脳研究を飛躍させるもとにもなった。その精神作用は,単に幻覚をおこすだけではなくて,いままで知らなかった第2の自己に気づかせるという精神展開作用psychedelic effectをも示すので,1960年代に主としてアメリカで,若者たちに愛用され,服用経験者はアメリカの大学生の35%にのぼったという。…

【睡眠】より

…(1)生体アミン モノアミン仮説が支配的である。ノンレム睡眠はセロトニンによってひき起こされる。セロトニンの代謝産物がノルアドレナリンを介してレム睡眠を駆動し,かくして,ノンレム睡眠・レム睡眠の連鎖が回転すると説明されている。…

【躁鬱病】より

…他方,鎮静薬として作られたイミプラミン(商品名イミドール,トフラニール)が鬱状態を改善する力をもっていることがクーンによって見いだされ,以後その誘導体であるデスメチルイミプラミン(商品名ペルトフラン),アミトリプチリン(商品名アデプレス,ラントロン,トリプタノール),ノルトリプチリン(商品名ノリトレン),プロトリプチリン,ドキセピンなどのいわゆる三環系抗鬱薬が続々と登場した。モノアミン酸化酵素抑制薬は脳内の神経刺激伝達物質であるセロトニンやカテコールアミンなどの活性を高める。三環系抗鬱薬は神経のつぎめ(シナプス)で遊離されるカテコールアミンの再吸収を抑制する。…

※「セロトニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セロトニンの関連キーワードカテコールアミンNアセチルムラミン酸アマドリ転位反応インドールエタンアミンジベンゾイルチアミン生体アミンチアミン一リン酸チアミンジスルフィドトリプタミンインドール誘導体

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セロトニンの関連情報