コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センサス センサス census

翻訳|census

6件 の用語解説(センサスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センサス
センサス
census

元来は人口静態統計を得るための人口センサスを意味するが,現在では人口のみならず,ある時点における,ある集団を構成する全単位に関する全数調査をいう。調査対象のすべてを調査するので,(1) 統計数値に関する信頼性が高い,(2) 多重クロスの分類を用いても分析に耐えうる対象数が得られる,(3) 関連する標本統計母集団となるなどの長所をもつが,(1) 調査費用がかかる,(2) 集計に時間を要する,(3) 調査の徹底化の程度によっては誤差が介入する,(4) 分析に必要な特殊項目について調査が行いにくいなどの欠点がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

センサス(census)

人口調査。国勢調査
農業や工業など、国勢のさまざまな側面について行う統計調査。「農林業センサス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

センサス

一国あるいは一定の行政地域内における人口静態について,各個人の全部をもれなく,かつ重複なく観察する直接調査,とりわけ実地調査。日本では国勢調査や,それに類する大規模な人口調査をさしていわれたが,さらに近年は人口以外の漁業・農業などの全数調査をさしていうこともある。
→関連項目杉亨二

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

センサス【census】

センサスとは,本来は古代ローマで行われた人口登録調査のことであるが,後には国勢調査あるいはそれに類する大規模な人口調査のことをいうようになり,さらには一定の社会集団全体を対象とした大規模な全数調査のことも指すようになった。現在では人口センサス(国勢調査)のほかに,事業所センサス,農業センサス,林業センサス,工業センサス商業センサスなどの言葉が用いられている。 センサスは標本調査に対比して用いられているが,この二つの間には単に全数を調査するか標本を調査するかの差があるだけではなく,目的に違いがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

センサス【census】

公的機関などにより行われる大規模な調査。国勢調査など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センサス
せんさす
census

一国全体あるいは相当広範囲にわたる特定地域の人々を対象とし、政府等の公的機関が、対象のすべてについて、一定時点における基本的な諸属性を、一定期間ごとに調査すること、および調査結果を集計・整理・編集して公表したもの。これが、国際機関での勧告あるいは諸国で行われてきた調査から集約されるセンサスについてのいちおうの定義である。この定義に従うと、センサスの特徴として、次の点があげられる。(1)人口を対象とすること、(2)大規模な調査であること、(3)全数調査であること、(4)公的機関によって行われること、(5)調査内容が多方面にわたること、(6)静態に関する調査であること、(7)一定期間ごとに長期にわたり継続して行われることが予定されていること。
 (1)の点に関しては、センサスが人口調査を起源としたことによるものであり、したがって国勢調査と同義に解されてきた。しかし、今日では、対象を人口に限定せず、(2)以下の特性をもつ調査をすべてセンサスとよぶようになってきている。農業センサス、工業センサスなどがその例である。(2)(3)(5)の特性は、この調査が対象集団の規模および構造を明らかにすることを目的とすることによるものである。ただ、(3)に関しては、他の特性を維持しつつ、悉皆(しっかい)的に調査せず標本調査の手法で行われる場合につき、サンプル・センサスsample censusの呼び名がある。これをセンサスの一種とみるかどうかについては意見の相違がある。(6)の点については、この調査は集団の特定時点における静的な状態を観察するものであるが、規模および構造の変動状況を追跡するために、(7)の周期的な調査が一般に予定されるのである。最後に(4)の調査主体に関しては、この調査が国家や社会の基本構造を把握し、政治・行政の前提となるものであるところから、一定の法的強制力をもって行われるのが普通である。[高島 忠]

沿革

人口調査の歴史は古く、紀元前4000~前3000年ごろにすでにバビロニア、エジプト、中国などにおいて行われていたが、センサスの語源は、古代ローマにおいて市民登録と徴税にあたった役人の職名ケンソルCensorからくるものとされている。ケンソルによる初めての人口調査は前435年に行われている。
 近代国家の形成に伴い、その基盤となる人口調査が欧米各国を中心に一斉に行われることになり、世界最初の近代的センサスがアメリカ合衆国において1790年に実施された。続いて1801年にフランス、イギリス、デンマーク、ポルトガル、15年にノルウェー、18年にオーストリア、29年にオランダ、37年にスイス、46年にベルギー、57年にスペイン、61年にイタリア、そして71年にカナダとドイツにおいてそれぞれ第1回の人口センサスが行われた。その後ほぼ10年置きに行われて現在に至っている。調査の方法は、いずれの国でも調査員による調査票の配布・収集によって行われているが、アメリカでは郵送も併用されている。
 わが国では、戦国・織豊(しょくほう)期ごろから兵力や労働力把握のため各領主による人別改(にんべつあらため)(人口調査)が行われるようになり、江戸時代に入るとかなり大規模に実施された。近代的な国勢調査は、日露戦争などの事情によって実施が遅れ、結局、第1回調査は1920年(大正9)に行われた。アメリカでの最初の近代的センサス実施から遅れること130年であった。その後、5年ごとに実施されている。[高島 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のセンサスの言及

【ローマ】より

…キリスト教は帝国各地に広まったがローマ元老院には4世紀末まで伝統宗教に固執する勢力が存続し,その他の神々もなお根強く礼拝された。キリスト教徒迫害ローマ神話【松本 宣郎】
【人口】
 ローマおよびローマ帝国の人口は,古くからの戸口・財産調査(ケンススcensus。英語センサスの語源)についての記事をもとにして,ある程度のことが推定される。…

【経済統計】より

…統計調査には全数調査と標本調査の二つがある。全数調査はセンサスとも呼ばれ,たとえば国勢調査では全国の全世帯,事業所統計では全事業所というように,対象となる客体をすべて網羅している。全数調査は国の基幹となる統計であるが,多くの経費や時間を要するので,毎年ではなく5年とか3年おきの調査が多い。…

【統計】より

…業務統計の主要なものには出生・死亡,婚姻・離婚の届出にもとづいて作られる人口動態統計,税関の申告書にもとづいて作られる通関貿易統計などがある。 統計調査はセンサス,構造統計,動態統計の3種類に分けて考えることができる。センサスは集団全体を把握して,もれなく数え上げることを目的として行われる調査であり,全国民を対象とする国勢調査のほか,全産業の全事業所を対象とする事業所統計(事業所センサス)および工業統計(工業センサス。…

【ローマ】より

キリスト教徒迫害ローマ神話【松本 宣郎】
【人口】
 ローマおよびローマ帝国の人口は,古くからの戸口・財産調査(ケンススcensus。英語センサスの語源)についての記事をもとにして,ある程度のことが推定される。戸口・財産調査は課税と軍事奉仕の基礎として行われ,初めは王,やがてはコンスル,そして前443年以降はケンソルの職務となった。…

※「センサス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

センサスの関連キーワード人口動態統計静態統計動態統計人口調査従属人口人口静態人口動態調査人口静態統計人口センサス《人口動態統計》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

センサスの関連情報