コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・ジョン セント・ジョンSt. John, Oliver

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セント・ジョン
St. John, Oliver

[生]1598? ベッドフォードシャー
[没]1673.12.31.
イギリス,清教徒革命期の法律家,政治家。 1626年法曹界に入り,37年 J.ハムデンの船舶税裁判の弁護で名を揚げた。 40年短期議会,続いて長期議会の議員に選ばれ,41年法務次官に任じられたが,ストラッフォード (伯) 弾劾法案提出者の一人になるなど王意にそわなかったため,43年罷免された。清教徒革命では,O.クロムウェルの親戚という関係もあって議会派指導者の一人として活躍し,43~46年国璽委員,45年アクスブリッジでの国王側との交渉委員などをつとめ,47年議会と軍隊との対立では独立派として後者を支持し,48年民訴裁判所主席判事になったが,国王チャールズ1世の裁判には関与するのを断った。護国卿政権崩壊期の 59年国務会議委員となり,軍隊と議会の仲を調停して G.マンクと連絡を取り,王政復古に尽力。王政復古後,公職を追放され,62年大陸に渡って各地を放浪。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セント・ジョン
せんとじょん
Saint John

カナダ、ニューブランズウィック州南部の港湾都市。人口6万9661、大都市圏人口は17万2918(2001)。ファンディー湾に注ぐセント・ジョン川の河口に位置する。大陸横断鉄道の終点で、大西洋岸の不凍港として最新の港湾設備を有し、州内の農産物、木材、魚類を輸出している。木材の集散地でもあり、近年パルプ、製紙業が発達、石油、鉄工業も勃興(ぼっこう)しているが、カナダ政府はファンディー湾一帯の環境保全を維持しながら工業都市化を進めている。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セント・ジョンの関連キーワードチャップマン太閤検地フェリペフェリペマルティンス朝鮮文学ボリス・ゴドゥノフ安土桃山時代春日山藩醍醐寺

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セント・ジョンの関連情報