コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セーリス セーリス Saris, John

6件 の用語解説(セーリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーリス
セーリス
Saris, John

[生]1579/1580. ロンドン
[没]1643.12.11. フルハム
イギリス東インド会社の貿易船隊司令官。東インド会社員として 1604年第2回の東洋航海に加わり,ジャワ島バンタム商館首席商務員として 1610年まで在勤ののち帰国。翌 1611年4月第8回航海には『クローブ』号,『ヘクター』号,『トマス』号の 3艘を指揮してダウンズ港を出てインドに向かったが,当初の目的地スラトへの寄港を断念し,『クローブ』号のみでバンタムを経て平戸に着いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セーリス

江戸初期に来日したイギリス国王使節。イギリス東インド会社貿易船隊司令官。1613年肥前(ひぜん)平戸に来航,徳川家康・秀忠に謁見し国王ジェームズ1世の書簡を提出,貿易許可の朱印状を得て平戸に商館を設置し,初代館長のコックスらを残し帰国。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

セーリス Saris, John

1579-1643 イギリスの商人。
東インド会社の貿易船隊司令官。クローブ号ほか2隻をひきい慶長18年(1613)肥前平戸(長崎県)に入港。三浦按針(あんじん)を通訳に徳川家康・秀忠にあい,貿易許可をえて,平戸に商館を開設,翌年帰国した。1643年12月11日死去。64歳。著作に「日本渡航記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

セーリス

没年:1643.12.11(1643.12.11)
生年:1579
イギリス東インド会社貿易船隊司令官。一説に1580年生まれ。慶長18(1613)年5月日英貿易開始の使命をおび,国王ジェームズ1世の徳川家康宛国書を携えて来日。ウィリアム・アダムズ(三浦按針)と共に家康,秀忠を訪ね,国王宛復書と貿易許可の朱印状を得た。同年11月平戸へ戻り商館を設置し,12月に帰国。<著作>村川堅固訳『日本渡航記』

(岸野久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

セーリス【John Saris】

1579?‐1643
イギリス東インド会社艦隊司令官。日本貿易開始のため,クローブ号で1613年(慶長18)来日。W.アダムズ(三浦按針)とともに東上し,駿府,江戸で徳川家康,秀忠に拝謁し,国王ジェームズ1世の書簡を提出し,返書と通交許可の朱印状を得た。セーリスは,平戸に商館を開くことを定め,R.コックスを日本商館長に任命し,日本貿易についての覚書を残して平戸を去った。《セーリス日本渡航記》は《新異国叢書》所収。【永積 洋子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セーリス
せーりす
John Saris
(1579ころ―1643)

イギリスの東インド会社貿易船隊司令官。初めジャワのバンタムの同社商館主務商務員であったが、いったん帰国し、1611年(慶長16)日本貿易開始の目的を兼ねて、グローブ号ほか二隻を率いてダウンズ港を出帆、バンタムに寄港後13年平戸(ひらど)に入港した。徳川家康の顧問となっていたウィリアム・アダムズ(三浦按針(あんじん))と同道して駿府(すんぷ)、江戸に至り家康・秀忠(ひでただ)に謁し、国王ジェームズ1世の書簡および贈り物を呈し、家康より貿易許可の朱印状を得た。平戸にイギリス商館を開設、リチャード・コックスを商館長に任じて翌14年帰国。著書『日本渡航記』。アダムズは許可を得てグローブ号で帰国するつもりであったが、セーリスと不和となり帰国を断念した。[沼田 哲]
『川島元次郎著『朱印船貿易史』(1921・巧人社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のセーリスの言及

【アダムズ】より

…このころイギリス東インド会社はジャワのバンタムに商館を設けていたが,11年アダムズがジャワにいるイギリス人あてに日本の事情を知らせる手紙を書いたことが,イギリスの日本貿易開始の契機となった。13年ジョン・セーリスが国王ジェームズ1世の国書を持ち,平戸に来航し,アダムズは彼とともに駿府で家康に謁見し,貿易許可の朱印状を得た。イギリスは平戸に商館を設置し,アダムズは年俸100ポンドで,イギリス東インド会社と雇用契約を結んだ。…

※「セーリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セーリスの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン・マッチどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セーリスの関連情報