コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソナチネ ソナチネ 〈イタリア〉sonatine

7件 の用語解説(ソナチネの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ソナチネ(〈イタリア〉sonatine)

内容・形式ともに小規模ソナタ。小奏鳴曲

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ソナチネ

ソナタの小規模なもの。通常ピアノ用をさし,楽章数は2つないし3つでソナタより少ない。全体に短く,技巧的に容易などの特徴をもつものが多く,F.クーラウ〔1786-1832〕,クレメンティらの作品が初心者用練習曲として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ソナチネ

1993年公開の日本映画。監督・脚本:北野武。出演:ビートたけし、国舞亜矢、渡辺哲、勝村政信、寺島進、大杉漣、逗子とんぼほか。抗争に巻き込まれたヤクザの姿を描く。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ソナチネ【sonatina[イタリア]】

ソナタsonataの縮小辞。すでに17世紀後半に,カンタータや組曲など多楽章作品の器楽序奏部の意で用いられていたが,ふつうには,展開部がないか,あるいはまったく簡略化されたソナタ形式を第1楽章とし,全体は二つないし三つの楽章から成るやさしく短いソナタをいう。18世紀末から19世紀初めのクレメンティ,クーラウFriedrich Kuhlau(1786‐1832),ディアベリAnton Diabelli(1781‐1858)らの教育用ピアノ独奏曲に多くこの名が付されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ソナチネ【sonatine】

〔小さなソナタの意〕
第一楽章を簡略なソナタ形式とした器楽曲で、全体が短い二、三の楽章から構成されたもの。ピアノ教材として多く書かれている。小奏鳴曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソナチネ
ソナチネ

ソナティナ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソナチネ
そなちね
sonatinaイタリア語
Sonatineドイツ語

音楽用語。ソナタの縮小形で、ソナチナ、ゾナチーネの日本での通称。この使用例はすでに17世紀にみられるが、今日の意味では18~19世紀の変り目ごろから使われだした。ソナタ自身が肥大化していっても、相変わらず小規模なソナタは書かれ続けており、この用語は、プロのためのものでない、愛好家や初心者のための演奏の容易なもの、という意味も込められて、楽曲のタイトルとして登場するようになった。クーラウFriedrich Kuhlau(1786―1832)やクレメンティMuzio Clementi(1752―1832)のピアノのためのソナチネは初心者用の練習曲として知られている。このことばが使われるのは圧倒的にピアノのための作品においてで、ピアノとバイオリンという編成の作品にときどきみられることはあっても、それ以外の編成ではほとんど例がない。なお、この用語の一般化しない時期の小規模なソナタが、このことばでよばれてしまうこともある。[大崎滋生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のソナチネの言及

【ソナタ】より

…また交響曲も管弦楽のための一種のソナタである。比較的演奏が容易で小規模なソナタはソナチナsonatina(複数形ソナチネ)と呼ばれる。 ソナタの語源はイタリア語の動詞ソナーレsonare(〈鳴り響く〉〈楽器を奏する〉)の過去分詞女性形の名詞化。…

【ソナタ】より

…また交響曲も管弦楽のための一種のソナタである。比較的演奏が容易で小規模なソナタはソナチナsonatina(複数形ソナチネ)と呼ばれる。 ソナタの語源はイタリア語の動詞ソナーレsonare(〈鳴り響く〉〈楽器を奏する〉)の過去分詞女性形の名詞化。…

※「ソナチネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソナチネの関連キーワード教会ソナタ室内ソナタソナタソナタダカメラ無伴奏ソナタラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第1番 ニ短調/piano soloバッハ:ソナタ ニ長調/piano soloチャイコフスキー:ピアノ・ソナタ(大ソナタ) ト長調/piano soloローゼンブラット:ピアノソナタ 第1番/piano soloローゼンブラット:ピアノソナタ 第3番「ロマンティック・ソナタ」/piano solo

ソナチネの関連情報