コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾル ゾル sol

翻訳|sol

8件 の用語解説(ゾルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾル
ゾル
sol

ゲルに対する語。コロイド粒子が液体中や気体中に分散し,ブラウン運動をしている系をいう。分散媒が水ならばヒドロゾル有機溶媒ならばオルガノゾル,気体ならばエーロゾル (煙霧質) という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゾル(〈ドイツ〉Sol)

コロイド粒子が液体中に分散していて流動性のあるもの。気体中に分散している場合はエーロゾルエアゾールという。→ゲル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゾル

液体を分散媒とする流動性に富むコロイドをいう。粒子サイズがコロイドとみなせる懸濁液乳濁液の総称。広義には気体を分散媒とする煙霧質(エーロゾル)も含める。分散媒が水の場合をヒドロゾル,有機溶媒の場合をオルガノゾルという。
→関連項目コロイドチキソトロピービニル鋼板

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

ゾル

コロイド溶液と同じ.液体を分散媒とし,固体を分散粒子とするコロイド[長倉ほか : 1998].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ゾル

 分散媒が液体状態であるコロイド.コロイド粒子が溶液内に均一に分散し,凝固していない状態のコロイド液.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゾル【sol】

金コロイド,ポリスチレンラテックスの分散系のように,固体の分散粒子が液体の分散媒に浮遊するコロイド分散系で,流動性に富む場合をゾルといい,流動性に乏しく重力に抗して形状を維持できる場合をゲルという。水を分散媒とするものをヒドロゾルhydrosolベンゼンや植物油など有機溶媒を分散媒とするものをオルガノゾルorganosolという。ヒドロゾルのうち,金や酸化鉄のゾルのように,比較的不安定で微量の電解質の添加により容易に凝結するものを疎水性ゾルhydrophobic solといい,ゼラチン水溶液のように,非常に安定で大量の電解質の添加によって初めて塩析されるものを親水性ゾルhydrophilic solという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゾル【Sol】

コロイド粒子が液体の中に分散し、全体が流動性を示すもの。液体が水のときはヒドロゾル、有機溶媒のときはオルガノゾルという。卵白・牛乳などがその例。コロイド溶液。また、コロイド粒子が気体中に分散したものをエーロゾルといい、広義には、これも含める。 → ゲル

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゾル
ぞる
sol

液体中に微粒子の分散質(コロイド粒子、粒径が0.1マイクロメートル程度)が分散し、かつ流動性を保持しているものをいう。分散媒が水のものはヒドロゾルという。固体や液体の微粒子が空気その他の気体の分散媒に分散、浮遊している系もゾルに含めることがあるが、こちらはむしろエーロゾル(浮遊微粒子、煙霧質。エアロゾルともいう)として区別することが多くなった。ゾルがところてんやゼラチンのようにゼリー状に固化したものをゲルという。なお、ゾルはドイツ語読みで、英語ではソルという。通常の溶液と異なる性質をいろいろと示すが、チンダル現象などは顕著なものの一つである。[山崎 昶]
『近藤保・鈴木四朗著『入門 コロイドと界面の科学』(1994・三共出版) ▽北原文雄著『界面・コロイド化学の基礎』(1994・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のゾルの言及

【コロイド】より

…しかしこの三次元網目構造をつくる分子鎖の会合はそれほど強くないので,温度が高くなり分子鎖の運動が激しくなるとほどけて液体状態となる。これをゾルという。外力が加わっても分子鎖の結合がほどけてゾルとなり,放置すると再びゲルとなる。…

※「ゾル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゾルの関連キーワードポリスチレンラテックススチレン樹脂スチレンペーパーラテックスフルーツ症候群延伸ポリスチレンポリスチレンペーパーポリスチレンフォーム改質ポリスチレン発泡ポリスチレン

ゾルの関連情報