コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイヨウチョウ Nectariniidae; sunbirds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイヨウチョウ
Nectariniidae; sunbirds

スズメ目タイヨウチョウ科の鳥の総称。一部の鳥はクモカリドリと呼ばれている。全長 9~22cm。一般に小型のものが多く,体形や行動は南北アメリカにすむハチドリに似ている。羽色は,雄は金属光沢のある青,緑,紫,赤,黄金色などであるが,雌は普通暗褐色か暗黄緑色で地味である。雄の非生殖羽(→羽衣)が雌の羽色に似る種もある。は細長く,下方に湾曲している。アフリカアジアオーストラリア北東部の熱帯域に分布し,熱帯雨林に多いが,サバナから密林までさまざまな場所にすみ,おもに花蜜を食べる種が多い。クモカリドリ類はこの科では体が大きく全長が 13~22cm。名前のようにクモも食べるが,雑食性で,花蜜や花粉がおもな食べ物の種もいる。ナイルタイヨウチョウ Hedydipna platura,キムネタイヨウチョウ Aethopyga pulcherrima など 139種が知られている。

タイヨウチョウ
Morpho hecuba

鱗翅目モルフォチョウ科。タイヨウモルフォ,ヘクバモルフォともいう。モルフォチョウ類中,また西半球産のチョウの最大種で,前翅の開張幅 145~170mm。モルフォチョウ類は雄の翅が青色または白色に輝くものが多いが,本種の翅は表裏とも例外的に褐色で輝きがない。樹上高くを飛び,一度に 4kmも飛べるといわれるが,生態の多くは不明である。南アメリカ,アマゾン川下流域に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タイヨウチョウの関連キーワードマミヤイロチョウ(眉八色鳥)タイヨウチョウ(太陽鳥)タイヨウチョウ(鳥)マミヤイロチョウメ渓谷自然保護区頬赤小嘴太陽鳥喉黒緋胸太陽鳥黄腹小嘴太陽鳥白腹小嘴太陽鳥尻赤五色太陽鳥嘴長蜘蛛狩鳥緑尾長太陽鳥黄耳蜘蛛狩鳥北黄房太陽鳥紫小嘴太陽鳥胸赤太陽鳥胸斑太陽鳥黄腰太陽鳥背赤太陽鳥赤尾太陽鳥

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android