コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイヨウチョウ タイヨウチョウ Nectariniidae; sunbirds

2件 の用語解説(タイヨウチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイヨウチョウ
タイヨウチョウ
Nectariniidae; sunbirds

スズメ目タイヨウチョウ科の鳥の総称。一部の鳥はクモカリドリと呼ばれている。全長 9~22cm。一般に小型のものが多く,体形や行動は南北アメリカにすむハチドリに似ている。羽色は,雄は金属光沢のある青,緑,紫,赤,黄金色などであるが,雌は普通暗褐色か暗黄緑色で地味である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

タイヨウチョウ
タイヨウチョウ
Morpho hecuba

鱗翅目モルフォチョウ科。タイヨウモルフォ,ヘクバモルフォともいう。モルフォチョウ類中,また西半球産のチョウの最大種で,前翅の開張幅 145~170mm。モルフォチョウ類は雄の翅が青色または白色に輝くものが多いが,本種の翅は表裏とも例外的に褐色で輝きがない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイヨウチョウの関連キーワードタイランチョウ楓鳥花鳥太陽鳥知目鳥風鳥紅雀タイヨウチョウ(太陽鳥)ヒワ(鶸)マミヤイロチョウ(眉八色鳥)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone