コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダランベールの夢 ダランベールのゆめ Le Rêve de d'Alembert

2件 の用語解説(ダランベールの夢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダランベールの夢
ダランベールのゆめ
Le Rêve de d'Alembert

フランスの哲学者 D.ディドロの哲学的対話篇の一つ。『ダランベールディドロとの対談』 Entretien entre d'Alembert et Diderot,『対談の続き』 Suite de l'entretienとともに一連の3部作をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダランベールの夢
だらんべーるのゆめ
Le Rve de d'Alembert

フランスの啓蒙(けいもう)思想家ディドロの哲学対話(執筆1769、刊行1830)。『ディドロとダランベールとの対話』Entretien entre d'Alembert et Diderot(第一の対話)、『ダランベールの夢』(第二の対話)、『対話の続き』Suite de l'Entretien(第三の対話)からなる連作の総称。『盲人に関する書簡』Lettre sur les Aveugles l'usage de ceux qui voient(1749)において無神論を表明したディドロは、この連作では、生命の起源に関する彼の唯物論的認識を明確にしようとして、数学者であり哲学者のダランベールを相手に、鉱物界から植物界を経て人間に至る物質的連鎖の解明を試みた(第一の対話)。ディドロはこの証明のため、睡眠中のダランベールのディドロとの対話に関する寝言をめぐって、その女友だちレスピナス嬢が医師ボルドゥーに診断を仰ぎ、医師は、生命の唯物論的認識をさらに発展させ、同嬢に物質と精神の一元論を説く(第二の対話)という、巧みな構成を設定した。けれども、著名な実在の人物を作中に登場させたことや、無神論的唯物論を大胆に表明したことなどのために、この連作は、ディドロの生前には刊行されなかった。[市川慎一]
『新村猛訳『ダランベールの夢』(岩波文庫) ▽小場瀬卓三・平岡昇監修『ディドロ著作集 第一巻』(1976・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダランベールの夢の関連キーワード池上鎌三パトナムマルブランシュリクールルヌービエベルクソン沢瀉久敬淡野安太郎ル・センヌ《確率の哲学的試論》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone